レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
SGC例会(1/23)
とといつものように、SGCに参加。今日はいつもよりもかなり人が多かったです。

●もっとホイップを
パンケーキ(ピザ?)の取り分けがテーマのゲーム。Raelさん持ち込み。






結構有名なゲームらしいのですが、全く知りませんでした。

親はいろんな種類のケーキをプレイヤー分に切り分け、各プレイヤーはそれを順番にとって行きます。とった人は、それを即食べれば裏返して、ホイップ分だけ得点となる。食べなければ表にして置いておく。表のケーキは、ゲーム終了時に一番多くの枚数を公開している人の得点になる。

ケーキの得点と同じだけ枚数があり、食べずに公開する感じはエアラインズ。
単純なルールで短時間で終わるけど奥が深くて面白い。女性に人気のあるゲームというのもわかる気がします。

親は自由に切り分けられるけど、取るのが一番最後ってのが悩ましい。一番最悪の事を考えてプレイする必要があります。

私は、10点のケーキを食ったのが敗因。下家のたまさんを楽にさせてしまいました。
ここは負けても10点ケーキを公開し、たまさんにプレッシャーを与えるべきでした。

これは非常に良いですね。欲しいゲームです。


●Hanabi & Ikebana

Raelさんのおすすめゲーム第二弾のフランス製ゲームです。






自分の手札が見えないというのはドメモ風ですが、このゲームを一言で言うと、協力ゲーム系の推理ゲーム。

5つのスートで1~5までの数字のカードがあり、これを1から順番にプレイしていく事が目的です。

手番にできることは、カードをプレイするか、情報を伝えるか、カードを捨てるのいずれかです。

カードをプレイするためには、そのカードが何か知らなければならず、序盤は互いの手を教えあう情報戦になります。

情報は、任意のプレイヤーのカードを指して、スートか数字を言うだけです。
たとえば、YOKさんの左端と右から2番目のカードは"1"です。

情報を伝えると情報(青)チップが1枚減ります。なので情報ばかりだと、すぐに青チップが枯渇します。これを防ぐのが「カードを捨てる」のアクションで、これを行う事で青チップが1枚回復します。

各種1は3枚、2~4は2枚、5は1枚で構成されてます。なので1~4はうまくカードを捨てる事で、回復が可能です。但し、5を捨ててしまうと、その段階でパーフェクトが消えてしまいます。

カードプレイを選択した場合、もしそれがイリーガルだった時は、1life減ります。3回失敗した時点でゲーム終了になります。逆に言うと2回までは失敗できる。

プレイでは余計な言動は不可という事になっているので、阿吽の呼吸が大事になります。
このタイミングで俺にこの質問をするっていう事は、これをやってくれって事だよな…と。

もちろん、曲解して伝わってしまう事もあり、これがこのゲームの魅力でしょう。
逆になれないメンバーでプレイすると、ゲーム自体が崩壊してしまう事にも繋がります。

今回は、結構しゃべりながらのプレイになってしまいましたが、ある程度しゃべらないと辛いよねという事前の協議でのプレイになりました。やっぱりしゃべった方が面白いとは思うんだけど、逆に言葉で相手のプレイを引き出してしまった感もあり、本当はもっとシビアなゲームだった気がします。これは是非再戦しなければなりません。

今回プレイしたのはhanabiというゲームですが、ikebanaの方もやってみたいですね。

カード自体は1~5の5色があれば良いので、magicでmanabiをやろうかという案もありました。昔のmagic hackを思い出しますなあ。

いやーこれは今年のベスト1じゃないかと私が大絶賛していたところ、となりの卓にいたストーンRさんは、昨年のベスト1だったんだとか。好きな人は、かなり好きだと思います。
私はアグリコラ級に気に入りましたよ。



●ビール侯爵

たまさんの持ち込み。これも評判のゲームです。




ビールの原料を出荷して、市場で売り、お金をもうけて宮殿を建てるゲームです。
ルールを聞いた時、初めは良く分からなかったのですが、整理すると、
これはドミニオンだなと。

6つの土地にはまずは各種アクションカードを配置していき、頃合いを見て宮殿に変えていく。これは得点カードを取っていく事と同じです。

市場での操作が煩雑な事もあり、今回かなり時間がかかり、3時間級のヘビーゲームでした。
ただ、ゲームに慣れればもう少し早くプレイできそうですし、宮殿戦略ももっと早めに開始するような気がします。

重要なカードは、やはり建築家とゴミ捨て場(だったかな)。この二つは絶対に立てないとダメですね。

今回のセッションでは、誰も宮殿を建てず、超終盤に一気に宮殿建設モードになりました。
YOKさん以外、誰もデッキ圧縮してなかったため、最後はめくり勝負になり、Raelさん勝利。

時間はかかりましたが面白かったです。ドミニオンのように拡張していくのかな??

このタイプのゲームはまだまだ出るかもしれませんね。


●フォーラムロマナムの商人
またまたRaelさんおすすめのゲームです。





5種類の材料カードをセリで売買していき、貯めた材料でポイントカードを購入していき、12点貯めたら勝ちになるゲームです。

各材料の価値は場に出ている材料の数に等しいため、場に多く材料が出ていると価値が高くなります。

手番には山札にある任意の3枚の材料を競りに出して収入を得ます。

ありがちなルールではありますが、経済ゲームとしてなかなか優れていると思いました。

オリジナルルールでは、ストックに保有できるカードが3枚までなのですが、そうすると相場を締める展開となり重くなるため、ストック無制限ルールにしました。

締めるのが面白いという考え方を取るか、収束性を重視するかの違いだと思うので一概には言えないと思いますが、これはこれでありなような気がします。

面白いゲームだとは思いますが、今日は豊作揃いだったので、やや霞んでしまった感はあります。


●Adlungland

遊園地のアトラクション建設ゲーム




時間が無かったので、2~3ターンしかプレイできませんでしたが、縦横に隣接するアトラクションとのシナジー効果を活用してポイントを稼いでいくようです。

終盤になると、一気に得点がアップするようなのですが、いったいどうなるのか続きが気になるゲームですね。次回に期待!





10/24 SGC例会

clk(this.href,'','','','9','','0CEMQFjAI')">●ヴァンパム



シンプルで秀逸なカードゲームを数多く知っている、raelさんの持ち込み。
非常に評価の高いゲームらしいです。

手番にはプレイヤー人数と等しい列の場札のうち、欲しいと思う列に好きなだけ手札をビッド。

オーバービッドも可能で、その場合、はじき飛ばされた手札を別の列にビッドする。

そうして全ての列が埋まったら、ビッド札を公開。

公開札とビッドした列の場札で、全く被らなければ、被らなかったスート毎に一枚ずつ場札に加え、残りは得点。

これを繰り返して行くだけ。

召し上げられるのは、スートの1枚だけなので、一番良いのは、偏った手札にすることです。

今回、raelさんが、一気に7点ゲットしました。

非常にシンプルなルールなので、誰でも楽しめると思います。また5色18枚ずつあれば、マジックで代用できるよなという意見もありました。

今回、ルールを間違っていたため、大量に手札を捨てるハメに。これは是非ともリベンジしないと。

●ルアーブル

YOKさん、たまさん、おかかつさん、私の4人。ショートゲームで。

やっばり船が大事だよねと、船中心で進めたため、建築が疎かに。

鉄+鉄+鋼鉄の三隻。

食糧が余り気味だった事や、商品運搬が一度しかできなかった事、しかも燃料不足で二隻しか運べなかった事を考えると、船が有効活用出来たとは言い難い。

ただ、トップ目のおかかつさんが、借金まみれで、ポイントを多く吐き出したため、棚ぼた勝利。展開に恵まれました。


●gateball?
昨日の一之江に引き続き、ゲートボールです。たまさん、初参加のKIさんチームとYOKさん、私のチームでの対戦。

このゲームは、タッチ&スパークが大事。多分に運の要素も強いのですが、序盤、たまさんチームにこちらのラインを蹴散らされて、敗勢に。

投了寸前までいったのですが、とりあえず後方から自軍をスクラム体制にして追い込みを図ります。それで、ようやく反撃態勢が整ったかと思いきや、肝心のところで5以上が出ず、タッチできず。



さすがに、これまでかと思ったのですが、こんな展開でした。


今、6の手番。6は10にタッチして、スパークで2の斜め前に移動。
7がXの位置に移動。8は、2にタッチ。2を移動させて、8が10にタッチ。
スパークで3の手前に移動。そして10の手番に1と3と7を連続タッチ!!!。
これで一気に逆転しました。

2時間近い熱闘でしたが、こんな爽快な展開は久しぶりです。実践で、これができればたまらんでしょうなあ。

という事で、ますます評価が上昇したgateballでした。







SGC例会(9/12)
今回のSGCの目玉は、何といってもGlory to Rome.
今、一番ホットなゲームと言えるでしょう。
ドミニオンが一気に猛威を振るった時期がありましたが、なんかあの頃の勢いを感じます。
すげー局所的な気がしなくも無いですが(笑)。

セーラームーン マスカレイドバトル
keiさん、最近のお気に入り。ナポレオン風のカードゲームです。



このゲームは、トリックテイキングで考えられる要素をふんだんに取り入れていて、およそセーラームーンという素材とマッチしていないカードゲームです。

このゲームを買ったであろう少年少女は、このルールの複雑さから、ほとんどプレイできず死蔵もしくは廃棄されたものと推察しますが、それ故、現在では入手難です。

ゲームは基本的にはナポレオン。さしずめタキシード仮面はマイティ、サポートカードは正ジャック、キャラクターカードは裏ジャックってところでしょうか。

オリジナルルールだと、チーム戦の特徴が出ないし、ナポレオン風にすると、面白いけど、特殊カードの効果が強すぎる側面も。

感想戦で話題に上がった、オリジナルルールの数字カードの枚数をビッドするけど、チームの合計をビッドするっていうのが改良案になるのではないでしょうか。

こうやって、いろんなバリアントがプレイする度産まれていくのは、良いゲームの証でしょうね。

Glory to Rome

最近は、やっぱりコレですよね。
超中毒ゲーム。




今回は2卓立ってました。上記は、早くも日本語化されたGlory to Romeです。
スキャナーで取り込んで、製作されたようで、頭が下がります。

私はmoonさん持ち込みのGtRで行いました。




カードがスムーズに挟めるように、底上げされてます。
しかも、ルール説明にはiPadが登場!
いやあ、みんなITを駆使してますなあ。

写真は、moonさんがFORUM勝ちを決めた図。お見事でした。


次は3戦目~。



月斎さんがバルトの差し込みで大きく抜けだします。
しかし私も、終盤で起死回生の21クラフトマンアクションで対抗します。

普通はこれだけアクション出来たら勝てそうなものですが、山札もサイトも枯れ、外国しか使えない状況で、追い込み成らず僅差負け。

負けはしましたが、無限コンボをやってるみたいでとっても楽しかったです。
一回こっきりアクションって使えないと思ってましたが、終盤の追い込みに威力を発揮することがわかりました。

当分、Glory to Romeでは楽しめそうです。


SGC例会(8/22)
ビジネス

まずは人が集まるまで、ビジネス。先日もプレイしましたが、こういう付録ゲームは、時間調整によいですね。
 
ことごとくタイで負け。これやってちゃあ勝てません。
 
1番の痛恨は、読み通りにx2を操作したところに、たのきん全力投球で負けた事。
9点で勝てるなんざ、このメンツでは大甘な考えでした。はぁ。
流石はYOKさん。完敗です。
 
ルアーブル

有識者である、すいせいさんを排除しての、まったりルアーブル、通称ヌルアーブルです。
手番では、建設出来るところに居座られ、苦しい展開に。建物購入してでも立ち退かせるべきでした。
 
船の買い占めに活路を見い出すも、明らかにオーバースペック。こんなヒマがあったら、もっと、商品のバリューアップに努めるべきでしたね。



これが最終形。建物がひとつも無いなんて、何やってんだか。しかも、麦が余ってるし・・・。
 
一方、おかかつさんの初プレイとは思えない、船無しでの見事な指し回しに脱帽。こういう大局観がまだまだ未熟ですわ。


アクワイア
久しぶりのアクワイアです。



私は、出だしから、2連続盆叩きで、苦しい出だし。写真はaの筆頭、iの独占、Fの二着という状況。

全く吸収が無い重苦しい展開の中、初合併は、私に全く関係の無いLがTに吸収。

その後Fが巨大化し、2枚持ちのIが筆頭で潰せたのが大きかった。

私は、41オーバーが見込めるFを買い増して、Cと再設立されたIをトップタイで潰して、二位に10,000点差で勝利。

但し、さすがだと思ったのが月斎さんの差し回し。全く駄目そうにみえたのに2位に食い込んでいるところが凄い。私ならダントツ最下位だったと思う。こういう凌ぎを覚えないとだめなんだろうなー。

Hotel Samoa


新作のホテルサモアです。ゲーム内容は、こんな感じ。ラブホテル経営ゲームです(嘘)。

競りでお客を連れてきたり、設備を自分のホテルに投資して、ポイントを稼ぐゲームです。

競りゲーは苦手なんだけど、これは面白かった。

またやってみたい感じですね。

マジックザギャザリング


別卓でプレイしていたので、懐かしさもあり、見入ってしまいました。
今は11版なんだとか。私の頃は4版でしたから、それから7世代も変わっているんですね。
もう私の知らない世界なのでしょう。セラエンジェルなんて、全く使えないものになってるみいです。あぁ、恐ろしやー。

こんな感じのSGCについて紹介しておきますと、世田谷ゲームクラブの略です。
主に千歳烏山周辺で公民館を借りて、毎月ボードゲームの会を行っています。
(参加は無料です!)

東京には、いろんなゲーム会がありますが、ここは非常に居心地の良いゲーム会です。
ご近所の方、ボードゲームに興味のある方、是非一度、足を運んでみてください。
一緒にゲームしましょう!




(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.