レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アグリコラ会(2018/12/02) 〜王様の新しい街 さいころニュータウン , Sweets Stack をプレイ〜
12月のアグリコラ会では忘年会を兼ねたゲーム会でした。忘年会は、給田名物の焼肉きんぐ。リーズナブルでとてもお気に入りですが、毎年行くたびに混雑が増してきますね。予約しておいてよかったです。

結局アグリコラ会では、今年は一度もアグリコラやらなかったですねえ。そろそろ会の名前を変えたほうが良いかと思うのですが。。。ゲーム会の模様はコチラをどうぞ。
アグリコラ会(2018/11/04)
今日は、体調が非常に悪かったのですが、アグリコラ会に参加しました。 この会は、名前の通り、もともとはアグリコラをプレイするために毎月確保されたゲーム枠なのですが、最近はアグリコラをプレイすることもなくなり、単なるクローズドなゲーム会枠となっております。 まあ、私にとってはアグリコラ会だろうがなんだろうが、毎月ゲームできる固定枠があるのは素晴らしいことですが、たまには敬意を表してアグリコラをプレイしないといけませんねえ(優先度問題なんだよなー)。
01/08 アグリコラ会
 久しぶりのアグリコラ会です。

今回はたまさんが欠席のため、新規メンバーに●山さんを迎えての例会になりました。

いつものマリガンルールですが、今回は職業で3回、小さな進歩で2回マリガン実施しました。
都合5回もマリガンしたのは、これが初めてです。
結論から言うと、結局、何もしなかったら良かったんじゃ無い?? って感じでした(笑)。

職業で3回実施した結果は、露天商の女、レンガ職人、ぶらつき、羊飼い親方でした。
さすがにこれで文句を言ったら、もう職業はZEROプレイですね。

小さな進歩は小麦車(小麦1をとると小麦2を得る)と運び馬(木3を取るか木4以上を取るとき食料を払うと、木材1/2を得る)が主張です。

ただ、小麦車と露天商の女は効果が被っているので、それほど有効じゃなかったかも知れないが、食料は農業系で、なんとかなるんじゃないかと思いました。


構想としては、職業をさっさと出して、小麦車を出して、小麦取って、食料を充実させて・・・。というものでしたが、いかにもバワー不足。

仮に農業系で行くにしても、パン焼きや畑をサポートするものが全然無いのでマリガンした以上の効果はなかったですな。

運び馬は想像以上に使えた。レンガ職人も良かった。このようなリソース確保系の評価はもう少し高めにしても良いかも知れない。

しかし、職業が4枚しかないのに、(しかも2枚目で)ぶらつくヤツはいないよな(笑)。
結果は3位47点でしたが、まあ、私にしては珍しくマイナス点が無かったので、こういう基礎力を上げていきたいと思います。

勝ったのは●山さん。学者が猛威をふるいました。

このカードが私に来ても使いこなせる自信が無いので、こういうキーカードをうまく活用できるようにならないといけませんね。

この後は、軽くPAXをプレイしてからいつものかぼすへ。

PAXは、類似ゲームが無いので説明が難しい新感覚のカードゲーム。なかなか面白い。また再戦したいゲームですね。




11/6 ゲーム会
一ヶ月のご無沙汰のアグリコラ会。

このゲームは非常に中毒性が高く、何度でもプレイしたいと思わせるゲームである。

ただ、何度やっても下手の横好きではありますが・・・。


構想としてはこうでした。鋤手があったので、これで畑は賄う。
但し、その他のサポートが一切ないので、畑戦略はつらいか・・・。

家畜系については、家畜の世話人と馬以外同じ牧場に入れて良い職業が来たので、家畜系を中心にしようと考えました。

撹乳器もあって、コンポってるじゃんとか考えたのが敗着のもとか。

あと販売人も、ボーナス系で良いのかなと思いました。

で、これらを出して言ったんだけど、食料が汲々でダメダメでした。

まず、鋤手は畑もらえて良いのですが、食料がきつい。
家畜の世話人は、厩を立てられれば良いけど、木が足らない。
販売人は良いけど、だからリソースが足りないって!

結局、カードの効果に目がくらみ、リソースの調達が上手く行かない最悪のパターン。
今回手札にリソース補助系が全然なかったので、畑で走り、終盤に厩ドカーンの方が良かったかもしれません。

この見切りができるかどうかが大切ですね。

今回は、結果として、失点を無くすオーソドックスなプレイになってしまい、37点でした。
無駄手が多いなあ・・・。反省しきりです。


アグリコラ会 10/2
 久しぶりのアグリコラ会。

今回より、「ほら吹き」が禁止職業に。

マリガンルール。
職業では、炭焼き、木こり、ぶらつき、小作人、猪使い、メイド、有機農業者。2番手。
小さな進歩がミズゴケ、石車、暖炉ほうきなど。

ミズゴケ、木こりと炭焼きより、木はかなりのサポートが期待できるにもかかわらず、更に泥炭と林務官舎を取りに行ったのが木にこだわり過ぎた敗着。

しかも、ぶらつきなんかやってるし。木こりと炭焼き出すだけで充分。

逆にそうなら、林務官舎効果で、木は切らないべきだったか。全て枯れ野原に。
しかも畑はゼロ。小麦ゼロ。野菜ゼロ。

しかもですよ。ミズゴケで一気に3部屋増築したものの、食料ケアがなくて全然家族を増やせない。

無くなく、家具製作所で木を食う羽目に。
今度はレンガ不足で、製材所に頼る事に。さすがに全て木の家にして、レンガも木で代用して、木を食べてるんだから、木は枯渇するわなあ。

全く恥ずかしいプレイでしたが、それでも37点だったのは、手札に恵まれたからか。

もっとプレイしないとダメですなあ。








アグリコラ会(12/5)
今日は、久しぶりのゲーム会です。
ここのところ、全然ゲームできてなかったので、かなり渇望感がありました。





今回は4人アグリコラ。今回もカードの偶然性軽減策を入れることに。前回はマリガン-1枚ルールでしたが、今日は11枚引き4枚捨てルール。

禁止カードは、乳母と毒味役です。

私は、職業カードの「他人にランダムで引いてもらう代わりに3食糧もらえる」という、「ふらつき学生」をメインに、出てきた職業によって、戦略を決める事に。

これは他力本願ではありますが、3食料を獲得でき、かつ職業が出せると言うのは、ある程度て材料が良い時には強力だと思いました。

で、次にランダムに引かれたのが八百屋。麦を出したら野菜がもらえるという強力なカードです。その次が、木を植え付ける事が出来る職業。これで畑中心に展開する方針が固まりました。

但し、畑中心と言うのは、当たり前だが辛い。特に畑を耕すのって、なんかイマイチなアクションに見えてしまう。仕方なく選択するような感じで。

ただ、今回は野菜を植えた時、小麦と同様に3つまで収穫できる小さな進歩があったので、野菜を食べると考え方でいけば、序盤から野菜が手に入る優位性を活かし、パンを焼かなくても良い分、野菜に特化すれば、実はとても良いコンボだったのかも知れない。

あと、いつも木が不足気味なので、一時20個近く貯めて、2つまとめて増築したんだけど、これなら無料で厩がもらえる小さな進歩を残しておくべきでした。

どうも、リソースの取得と活用方法がいつもちぐはぐで、このあたりは、もっとプレイして実践で養うしかないようです。






ゲームの方は、終盤に11ラウンド以降、まだ場に出ないイベントを自分だけは選択できるという職業をプレイしたNさんが圧勝。

どうやら、この職業も3枚目の禁止カードになりそうです。

●Enterprise



お次は1987年のレガシー。イタリア人とゲーム交換したゲームです。

このゲーム交換というのは、送料がかかるだけで全然割に合わないのですが、国際交流の一環として、たまに行っております。

STOXと呼ばれる商品を工場で生産し、トラックで輸送し、顧客の所に届ける事で利益を得ます。顧客には2つしか販売枠が無いため、各社の熾烈な販売競争がよくシミュレートできています。

但し、いきなり顧客の所に商品を持って行っても、すぐに買ってもらえるわけではありません。事前に営業活動を行っておく必要があります。

トラックの台数、機械や営業車の手配など、ビジネスゲーム好きにとってはたまらない仕掛けが満載。

ただ、運の要素が強すぎるのが気になりますね。これは学生向けのゲームみたいなので、簡略化しているのでしょう。できれば、もっとシビアなビジネスゲームにして欲しかったですが、シンプルなゲームなので、さくさくと軽くプレイするには良いと思います。














アグリコラ会(2010/09/05)
 恒例となったアグリコラ会。Yさん、mさん、Nさん、Tさん、私の5人プレイです。




 
今回はマリガンルールを採用しました。
 
職業や小さな進歩が気に入らない場合、引き直すことが出来る。但し、それぞれ枚数が1枚減るというルールです。
 
私は少し考えて、マリガン無しを選択。コンセプトは、小さな進歩の飼葉桶(家と隣接する空き地に馬が2頭まで置ける)と職業からは、小屋大工(1〜4ターンに出したら、11ターンに家が増築)があった事から、木は増築に回さず、柵に利用し、増築は小屋大工に任す事でカバー。更に厩を増築すれば、牛や猪がもらえる職業があったので、それを本線に行こうと考えました。
 
しかし、ここからがブレまくります。2ついっぺんに増築したら厩がふたつもらえるという小さな進歩も出してやろうと欲をかいたのが躓きの元、そうすると、食料が足りなくなるから、テキ屋(野菜を取ったら、更に野菜1と麦1がもらえる。但し他人にも麦1)や火酒作り(野菜が5で食料になる)に舵を切ってしまい、戦力が分散されてしまいました。
 
それで肝心のw増殖も、とん挫し、崩壊。ジエンド。
 
w増殖に目が眩んだのが失敗で、厩と柵を優先し、家畜に特化する戦略を取るべきでした。野菜はとったものの、まったく植える事が出来ませんでした。
 
でいざ、手番を取った時は、パン焼きはもちろん、家族も増やせるし、レンガ6もあるしという状況。「ディバシフィケーションにスタP無し」の格言を地で行くちぐはぐぶりでした。
 
と、ダメダメなアグリコラだった訳ですが、本当に面白い。もっと実践を積んでいきたいと思います。


Hameln / Fragor Games

気を取り直して、次はハーメルンです。私にしては新しいゲームの部類ではないかと思います。





このゲームは、何と言っても、そのフィギュアが目を惹きます。私もこれにつられて購入した口です。
 
各プレイヤーは男と女ひとりずつの家族でスタート。まずは他人の異性と結婚して所帯を持つところからゲーム開始。
 
手番に行うアクションはいろいろありますが、メインのアクションは男アクションと女アクションです。
 
男アクションでは、普通、食料を調達、女アクションでは、子供を出産します。

調達した食料は、市場で換金できます。産まれた子供は教会に行きます。ここは出会い系の教会になっていて(笑)、他人の異性がいれば、結婚することが出来ます。

結婚すると、ゲーム開始時と同様に所帯を持つわけですが、家を買わなければなりません。
この家の購入費は男性が支払います!

家のランクはまちまちなので、女の子が産まれたら、金目の男を見つけてさっさと結婚することが重要なミッションになります。

新しい家族は、新たな食料調達や出産のチャンスが増えることを意味します。このあたりはアグリコラの「家族を増やす」効果と相通ずるものがあります。

家でアクションを実施すると、ネズミが増えてきます。

各家毎に一定量のネズミが集まると、その家では活動できなくなります。ゲーム終了時、お金やチップの数など様々な手段で勝利ポイントを稼いでいくのですが、一番大きいのは、家のポイントです。得点を得るためには、ネズミを除去しなければなりません。

そこでハーメルンの笛吹き男の登場です。

彼におカネを渡すことで、そのエリアのネズミを一掃してくれます。但し、お金を渡すことを渋ると、連れ去られていってしまいます。

活動しないとお金や子供が増えない。されど、ネズミは要らない。如何に効率よく資産を増やしていくか、これがポイントになります。

見た目は、とってもほのぼのとした雰囲気のゲームなのですが、結構考えさせられることが多そうです。

とても面白いゲームだと思いますが、今回はルール確認を兼ねてのプレイだったので、次回はじっくり腰を据えて行いたいと思います。












アグリコラ会(2010/09/05)
 最近忙しく、全然更新できてなかった、アグリコラ会のレポートです。




アグリコラというのは、評判が良いのはわかっていたのに、つい最近までプレイしてなかったゲームです。

世田谷でアグリコラ会をやっているという事で、月一回のメンバーに加えさせてもらいました。

ただ、カードが多いゲームですし、ルールも細かいところが把握できておらず、中盤の難所で大チョンボを犯してしまいました。

という事で、これではいかーーーんとアグリコラと沼を購入。しゃらくせー、くわぁーーーっと、ルアーブルも購入。

おとついは、アグリコラの3人ソロプレイを実施。はまりまくりです。

ルールもコンボも覚えたてで、一番面白い時期なのかもしれません。
この気持ちは持続していきたいなと思います。


でまあ、アグリコラを行い、余った時間で、プレイしたのがコレ。

The Adventurers

私があまりプレイしない系のゲーム。


嫌いな訳じゃないのですが、舞台設定とかに思い入れが全くないので、失礼かなと思い自粛しているだけなので、そういう立場でも良ければ是非声をかけていただければなあと。

迫りくる壁や落とし穴の部屋、激流の中を渡りながら宝物をより多く集め、脱出する事が目的のゲームです。

私は欲張って、宝を集めていたら、あっという間に巨大な球が迫ってきましたーーー。



という事であえなく死亡。

玉のスピートは早く、宝物は後からでも集められるので、初めの壁エリアでは見向きもせず脱兎のごとく逃げ出した方が良かったかも。

どのへんまで宝物を集めたらよいかという判断がジレンマでなかなか良い味を出してます。

ただ、このマヤ文字か何かわからないけど、記憶してしまったら超有利になるので、二度とプレイできないシステムになってます。でも、そんな事する奴はいないんだろうな・・・。だけど、日本選手権があったら、記憶するだろうな・・・。でも日本選手権なんかないだろうな。

うーむ、どこがアグリコラ会のレポートなんだという気もしますが、まだ語れるスキルにないので・・・。もう少し修行を積んで、詳細なレポートをかけるようになれれば良いなと思います。









(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.