レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
10/31 ヌルアーブル会
 今日は恒例のヌルアーブル会。3人のフルゲームでした。





未だに戦略がわからない私ですが、いつも船を取り過ぎて失敗しているので、今回は船をセーブする作戦にしました。


代わりに食料は多めにとらなければなりません。そのためには牛が必要で、序盤から積極的に牛を蓄えます。


YOKさんは初手、お金+中央市場。私は4金の建物+すかさずYOKさんの中央市場で3アイテムゲット。ただ、牛はともかく、ここで製材所を建てるための鉄+レンガは小ミスか。
製材所を取っても、船を買わないなら全然活用できませんし。

いや、それならそれで7金の元という割り切りが必要でした。食肉処理場を買うつもりなら、そういう選択肢もあるわけですから。

私は、次にまた中央市場に入った時も、麦+牛を優先し、収穫体制の確立を急ぎます。しかし、おかげで資材の確保という意味で、大きく出遅れた感があります。





食肉処理場はどうしても欲しかったので、木を3つ処分して購入しましたが、これは悪手だったかも。なんのクーポンも無い、製材所を処分して乗り換えた方が良かったかもしれません。ただ、気分的に7点マイナスって考えると、踏み込めませんでした。


で、牛は10頭になったタイミングで第一弾の転換。これで当面の確保。それまでは、借金を続け、木船は見送りの方針です。


あとは、ひたすら鉄と石炭を貯めていきます。鉄船の誘惑も断ち切り、鋼鉄以上のみに焦点を絞ります。


コークス工場が一番遅い列だったので、仕方なく2つだけ鉄に換え、1隻だけ確保。
以降は、製鉄所を現金買いして、出を早め、コークスに転換して、8コークス追加。他が遅れていたので、もう一回炭鉱に入って、石炭を得て、鋼鉄船、豪華船を購入。


最終ターンは、豪華船を買うよりも素直に海運会社で鋼鉄を売った方が儲かったので、そちらで処分。233点でなんとか逃げ切り~。


今回は鉄を温存して、鋼鉄だけに絞ったのが良かったようです。

まぁ、今回は、たまたまうまく行きましたが、有力な作戦の一つと言う事が確認できたのは収穫。次回はいろんな状況があると思うので、別の勝ち筋も探していきたいと思います。


●energie poker



ルール説明がgdgdですみませんm(__)m。時間の関係もあるし、競りで失敗するわで、競技終了。

やっぱり、昔にやっただけのゲームはもっとルールを精査しないとダメだってことを痛感。
という事で、このゲームも和訳ルールの改版が必要ですね。しばしお待ちを。









ヌルアーブル会(2010/09/19)
 世田谷で開催しているアグリコラ会に続き、一之江でヌルアーブル会が開催される事になりました。

もちろん、ルアーブルをプレイする会なのですが、まだまだルールに長けてない初心者同士のプイレという事で、ヌルアーブル会と命名されています。

こちらは非定期になるのか、例会に編入されるのか、別開催になるのかは、まだまだ流動的なのですが、とにかくルアーブルを開催するイベントです。

メンバーは、たまさん、YOKさん、私の3名。





まずは一戦目。3人プレイのフルゲームです。
私は3番手。中央市場が重要だろうなと思いつつ、見送ってしまい、買われるは居座られるわで、いきなり大苦戦。

なんとか船で出遅れないようにと、船ばかり購入していき、オーバースペックに。
とにかく、船は買いすぎに注意です。木1隻、鉄2隻、鋼鉄2隻の計5隻。5隻はいらんわー。

たまさんが、かなり優勢に展開していたのですが、市役所の購入を、カード価値で購入している事に気がつき、そこで打ち切り。それがなかったとしてもたまさんの勝ちだよねという事で、もう一戦する事に。

まぁ、このあたりがヌルアーブル会のヌルアーブルたる所以でしょうか。


気を取り直して2戦目。



また私が三番手。YOKさんが、現金で中央市場を購入したので、私は4の工務店を購入して、中央市場に入って粘土と鉄と石炭を取り、次ターンに製材所を建設。その後、木工所を建設して、木材を売却しつつ、製材所も売却して船を購入。


と無理をしつつも、やっぱり船の確保に走ります。ただ、やはり無理が祟ったのか、建物不足は否めません。しかし、無借金経営と大量の麦と牛を活かし、サンドイッチ店で換金し、追い込みを図ります。


しかし、YOKさんには228点対227点で無念の一点差負け!
これを考えると、もっとうまくプレイしておかなければならなかったようです。

・まず、直接の敗因はセーヌ橋で全て売り切ってしまい、海運会社に入る燃料を残して置かなかった事(いたたたたた)。
・70コークスあったのに、これを活かす手を考えていなかった事(もっと鉄買っとけやー)。
・食料は充分あったのに、革がもらえるからと、敵の食肉処理場に入った事。こんな事する位なら、素直に海運会社に行った方がマシ(結果的にセーヌの橋で、肉を叩き売ることになったから)。
・やはり船が多すぎ。今回は木2隻、鉄1隻、鋼鉄1隻でした。16と食料的には充分でしたが、木は1隻で良かった。これを別の事に振り向けるべき。

などなど、あと30点位は稼げたような気がします。これを次回に活かしたいですね。

という事で、第一回ヌルアーブル会でしたる次回からは、フル1ゲーム、ショート1ゲーム、時間が余れば別のゲームという感じで回していく予定です。

こういう何度もプレイできるゲームというのは、それほど無いと思いますので、こういうゲームに出会えれば良いなと思います。


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.