レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
Die Macherゲーム会(2010/8/13)
 moonさんのお誘いで、Die Macherゲーム会に参加しました。

メンバーはmoonさん、YOKさん、ひぐらしさん、私の4名。



このゲームは1986年なんですねぇ。ただ、一般的に有名になったのは、1997年にHans im Glück版が発売されてからでしょう。


ちょうど、私がボードゲームから身を引いていた時期という事もあり、この頃のゲームはあまりプレイできていません。

確か、後藤さんに、「評判良いみたいだけど、どんなゲーム?」って聞いて、重いゲームですね・・・という回答だけで、じゃあいいかって単純に判断していたような気がします。

そんなDie macherがどんなゲームなのか、海外での評判の割に、あまり日本ではプレイされている気配が無く、最近気になってtwitterでつぶやいたところ、moonさんに拾って頂き、ゲーム会開催の運びとなりました。moonさんありがとうございます

さて、前置きが長くなりましたが、このDie Macherはドイツの選挙ゲームです。

各プレイヤーは党首となり、7回行われる各地域の選挙で各プレイヤーは自党の議席を増やして議会に多くの議員を送り込むのが目的のゲームです。

このゲームでは、世の中で何が支持されているのか、いわゆる"世論"が重要なウェイトを占めます。

各プレイヤーは最初に配られたカードを政策として公開します。
各地域では、世間では何が支持されているか、世論が公開されます。

世論と合致しているかどうかは、その党の人気・不人気に影響しますし、この人気・不人気は、獲得議席数に大きく影響します。

なので、自分の党の主義主張を曲げて、大衆迎合の、いわゆるポピュリズムになるのは仕方ないところです。

もちろん、世論は移ろいやすいもので、ころころと変わっていくんですけども、メディアを支配することにより、これを自分の政党に合わせていくことが出来ます。

この世論の概念を現実と合わせてうまく取り込んでいるゲームだなという感想を持ちました。

今回は、私に配られたのが、みずほたんの社民党という事で、普天間ハンターイ、規制緩和ハンターイ、憲法改正ハンターイを掲げましたが、これが総スカン(笑)、他党と協調ができず、叩かれまくりで沈みました。

プレイ時間も4時間位かかりますし、運の要素が強いという批判もあるゲームですが、私はこの位のランダム性は充分許容の範囲内であり、もっと評価すべきゲームという認識を強く持ちました。

という事で、これは選挙ゲームの傑作だと思います。是非またプレイしたいと思います。

後記:
今回のプレイでは、一部後に発売されている3版のルールを入れました。世論カードの分配に関して、運の要素を軽減するようになっています。

その他、今回は導入しませんでしたが、世論カードの捨山についても、バリアントルールがいろいろ出ているようです、毎回クリアして6枚場札にするルールは良いような気がしました。












8/12 木曜会レポート
 私が夏休み中という事もあり、8/12(木)に一之江でゲーム会開催しました。

メンバーは、Tさん、まいきぃさん、月斎さん、すいせいさんです。

BUSINESS / GameLink4号付録


1ゲーム目は、GameLink4号の付録ゲーム。クニツィア先生の作品。

みんなが集まるまで軽いゲームという事で、月斎さん、Tさんと三人。

ルール説明したところ、月斎さんから、これはフリント船長と、ほとんど同じルールなんだそうです。

違うのは、自分が置いたところには二度と置けないのと、爆弾が無いのと、手番に一気に多くのチップを置けるところでしょうか。

私は、さっさと使い切って、自分の惑星を守りました。なんとか逃げ切り〜。

とっても軽いので、時間調整にいいかも。悪いゲームじゃないね。


Breanking Away / Fiendish Games

2ゲーム目。競馬・競輪好きの月斎さんがいるので、用意しました。



移動方法や移動時の駆け引きが秀逸。過去に、私のHPでも紹介してます。

月斎さん、序盤で飛び出すも、飛ばし過ぎで息切れ。移動力が3-3-3になって2両リタイア。ツインターボになってしまいました・・・。

私は、後方で足をためて、一気の捲り。本日2連勝。
久しぶりにプレイしましたが、メチャメチャ面白い!

何で今までプレイしてなかったのかなあ。

Steam / Mayfair


すいせいさん、まいきぃさん到着で5人。

Steam Baronはプレイ経験済みでしたが、Steamは初めて。

といっても、ルールはほとんど蒸気と同じ。競りの無い蒸気。

私はトップだったので資金が少ないため、ロコやアーバニを諦めてエンジニアリングを選択。僻地でソロプレイ。すいせいさんが途中乱入してきて、荷物が一気に枯渇。

私は仕方なく、2ターン使って山を切り崩して月斎さんの都市から5リンク荷物を調達できたのが奏功して何とか逃げ切り。本日三連勝。

蒸気よりも手軽く、個人的には気に入りました。通常の蒸気のスチームルールっていうのもやってみたい感じです。


Samarkand: Routes to Riches / Queen Games


線路の代わりにラクダ引くゲームです・・・との説明を受けてプレイ。

アクワイアとエクスペディションを足したような感じ。

私はオレンジと黄色の近くにカードが集中してたので、独り立ちで揃えて逃げ切り。本日4連勝。カード運だけー。

手番にラクダを2個置けるのは、ぬるい。ひとつは無料だけど、二つ置きは2金必要という案はどうだという意見もあり。

ただ、今のルールは収束性重視なのでしょう。

私もすいせいさんも重いゲームが多いので、こういう考えるゲームですぐ終わるゲームというのは良いですね。買いたいゲームですわ。


という事で、非常に面白い1日でした。ご参加くださった皆様、ありがとうございました。





















(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.