レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
10/22 例会
今日は、足元の悪い中、八名の方にお集まりいただきました。

●poseidon
ターン制で、ルールが簡素化された18xxシリーズの入門編というのがプレイ前の認識でした。



しかしプレイしていくうちに、この認識は誤っていた事に気づきます。

アリタさん、M川さん、私の3人。

このゲームのルールブックには、18xxのロゴが書かれ、これは18xx系のゲームだよという事が明示的に書かれています。

知らないで購入してしまった〜という思いにさせないケースや、18xx系なら、くわーっ、取り敢えず買うしかねえという、スタパ的廃人向けにも配慮があるのは素晴らしい取り組みだと思います。

ルールブックも18xx経験者と、そうでない人向けに、説明が分かれているという親切設計には脱帽です。

ゲーム内容ですが、列車が船になっている他は基本18xx。

違う点ですが、ボード上は、ほとんど都市しかありません!

各プレイヤーは本拠地に船駒があるところからスタート。

手番には、船駒が移動した所しか、トークンが置けません。

収益は保有するそれぞれの船に書かれた数字の合計まで。本拠地からのへクス数内に一筆書きで到達できる都市の中のトークンが置かれている都市が収益対象になります。

たとえば、2+2+3の船を保有している場合、距離は8。本拠地から8ヘクス以内のトークンが置かれている場所の都市の価値の合計が収益です。

この収益を配当にすれば、株主に分配され株価が上昇するのは18xxシリーズ通り。

無配にした場合は、収益に関係なく、フェイズに応じて一律の金額が各国(会社)に入ります。

トークンは置いてあるところしか収益に計上できない事から、トークンというよりは線路に等しい。ただ、都市には入場制限があることからトークンの形した線路というべきでしょう。

で、この線路トークンは、株券にも使用します。これはParis Connectionみたいな感じです。

このゲームでは半配当が無いので、会社に資金を入れる手段は、無配にするか、増資するしかありません。増資は4列車と6列車(厳密には船)が出たタイミングで行えます。

増資は時価発行が出来ます。発行枚数はそれぞれ4株と6株。増資すれば経営は楽ですが、その分、収益が伸びません。

序盤に安値建てして、株を多く保有して収益をかっぱぎ、今度は株を多く吐いて高値建て。
そして増資で大量に資金調達・・・と、初プレイで正確に本筋をプレイできるところはさすがM川さん。圧勝でございました。

Age of Industry Expansion #1: Japan

産業の時代の拡張マップより。ここから後藤さんを加えた4人。



BRASSよりシンプルだけど、面白さは損なわれてはいない。
どちらをプレイしても楽しめます。

hakodatoとか訳のわからない地名が出るのは、外国製日本マップの特徴か。

この日本マップは船が重要。だけど早く建て過ぎると借金の利息に追われてかなり厳しい。
このカツカツ感がたまりません。本当に良くできたゲームです。

勝利したのは後藤さん。さすがですね。またやってみたいゲームです。

その他プレイされていたゲーム

●18TK







9/25 例会
引っ越し騒動や震災による節電などがあり、バタバタしていたことから、夏場はお休みしていたのですが、久しぶりの一之江例会です。

今月は10名。鉄道卓x1と非鉄卓x1とバランスの取れた構成になりました。

Strasbourg
中世のギルド形成がテーマのゲーム。



といっても、基本的には競りゲーです。

メンバーは、アリタさん、まべさん、けろさん、すいせいさん、私の5人。
アリタさんの持ち込みです。

前回プレイした時も面白いと感じましたが、やはり面白い。
競りゲーの中ではかなり秀逸なのではないでしょうか。

このゲームの良いのは競りゲーながらガチ感が無い事です。

多くの競りでは、3位までに入れば良いので、無理に一位になる必要はない。
また、競りも一巡なので、それほど悩む心配も無い。

更に山札はランダムなので、運の要素も多分にある。

如何に悩ましい競りを手軽にして、かつ戦略的なゲームに仕上げているという意味では、最高傑作に近いのではないでしょうか。

今回私は、6ラウンド分散のいっちょかみ戦法にしました。
高価な建物では、序盤は建設資金が無いため、とりあえず3位までに入って、タイルを入手し、換金して廻す作戦に。

これが結構うまくいき、目的カードでシナジー効果のボーナス(10点と4点)も合わせて67点で逃げ切り。

まべさんは、目的カードに恵まれず(田んぼや2点カード含み)最下位に沈みました。
この目的カードは結構運の要素もあるので、今流行りのドラフト制にした方が良いかも知れません。

いずれにしても、私はかなりの高評価です(アグリコラ越えは無いですが)。

●Spanish Main初版

以前からプレイしてみたかった、Hartland1884年のレガシーゲーム。




このゲームは、エリザベス朝時代の無敵艦隊を誇るスペイン側とイギリス側に分かれ、島からの宝探しや海戦をテーマとした冒険ゲームです。

各プレイヤーは自分の港から出航し、Mainと呼ばれる島に向け、宝探しの冒険に行きます。

島に行くためには、TOCと呼ばれるチャート上を移動していきます。移動は航海カードで行いますが、途中で座礁したり、帆が折れたりするアクシデントマスをよけながら移動しなければなりません。

航海カードはプレイヤー毎によって異なり、機動力を武器にする人や、微調整に長けた人もいます。

無事、島に着いたら探検開始。一枚ずつタイルをめくっていきます。これが冒険心を掻き立てます!

各タイルは海岸線・丘・山岳タイルに分かれ、ある程度、どういうタイルなのかがわかるようになっています。宝は宝箱と金鉱・銀山があります。

宝箱はインスタントにもらえるのですが、金鉱・銀山は、採掘するのに時間がかかります。なので、この間に敵国に襲われる危険性も。

無事、宝を獲得しても、自分の港に戻らないと、その宝は獲得できません。
帰路には、手ぐすね引いて待ち構える敵艦が・・・。

てな感じで、アドベンチャー気分に浸ること間違いなしのゲームです。
今回は時間切れで、競技終了になってしまいました。

あと、気になるのがこの初版と2版の違いが何かという事です。
以前私は2版を保有していましたが、手放してしまいました。

初版を買い戻した理由は、初版の方がレアだったという事の他に、初版は6人までプレイできるというメリットがあります。

2版がどうだったのかは、完全に忘れているのですが、戦闘ルールがより洗練されているようなので、戦闘ルールのところを2版ルールに差し替えた上で、またメンバーを変えて再戦してみようと思います。

その他プレイされていたゲーム。

●1880
このゲームも人気ですね。
















6/25 例会

今月の例会も、震災モードにつき11時開催。
但し、終了時間は19時まで延長利用が出来るようになりました。

HAL99さんの参戦と言う事もあり、私は非鉄卓を立てました。

大相撲八百長札
月斎さんのインストでプレイ(そりゃそうだ)。

あの政治献金ゲームのリメイク版。オリジナルは、eBayで競り負けたり、Aマイヤーにタッチの差で無くなったって言われたりで、かなり縁の無かったゲームです。

月斎さん、HAL99さん、KIさん、私の4人。




黄色いカードは政治献金ゲームでいうところの投票カード。
黄色いカードの得点が上位2位に入れば、白い方のカードの得点が倍になる。中途半端に取る位なら、初めから取らずに白カードで専念すべきか、これが悩ましい。

7Wonderの軍事カードみたいな気分ですね。

いずれにしても、政治献金ゲームという、入手難の知る人ぞ知るゲームにスポットを当てる辺りが素晴らしい。また、SGCにでも持って行こうと思います。


●7つの島

ゲームマーケット2011でone drawから限定70セットで発売されていたワーカープレイスメント+デッキ構築型ゲーム。




初めは、キムタクと松嶋奈々子が出演している月9ドラマみたいで、いかにも売れ筋を狙った作品みたいに感じ、批判的に見ていたのですが、やってみないと正しい評価はできないなと思いプレイしましたが、これがかなり面白い!

売れ筋かどうかよりも、我々にとっては面白いか、面白くないかのどちらかしかなく、このゲームに関してはドミニオンの改良版という評価が与えられると思います。

このゲームはドミニオンに比べ、上陸や食料の概念を加えた事や、アクション制の廃止、VP・金貨チップの導入等がうまく機能していて、ドミニオンよりも遊びやすくなっているような気がします。

もうじき再販も決まっているようなので、今後が楽しみですね。



7 Wonders


両隣のプレイヤーが軍事無関心派だったのが幸いし、軍事ポイントの分で勝利。
このゲーム、4戦目にして初勝利です!

感じたことは、緑作戦はやっぱりイマイチですねぇ。
緑を男にする方法を考えてみましょうかね。


その他プレイされていたゲーム。

●1824
水戸からPRRさんが参戦。いつもありがとうございます。
今回はB&OもBRASSもプレイできなくて、ごめんなさい・・・。
初プレイのPRRさんが圧勝だった模様。





18Ardennes


こちらは根強い人気のアルデンヌ。しむしゅさんが勝利した模様。




その他、GOさんが初参加。ありがとうございます。
和製ゲームながら高評価のCat & Chocolateをプレイしました(写真忘れました)。

コミュニケーション系ゲーム、とりわけ、ストーリー作成系のゲームが苦手という事もあり、個人的な評価は

この手のゲームが苦手でも、楽しくする要素はもっとあるはず。プレイヤーにゆだねられる部分が多く、ちょっと辛い気がしました。

私の手持ちのコミュニケーション系のゲームでは、交渉系ゲーム(?)になるとおもいますが、NewOrleansBigBandがあります。これはとっても面白いので、今度持ち込んでみようと思います。

あと、今回は結構多くの方にご来場頂きましたので、参加費より3000JPYを寄付させて頂きました。

ご協力くださり、ありがとうございました。








6/11 レガシー会
関西から、ミッシーさんを迎えてのゲーム会が開催されました。

ミッシーさんといえば、推理ゲーム、スポーツゲーム、経済ゲーム好きとして知られており、ゲームの好みが完全一致しております。

後は、SGC代表のYOKさん、おなじみストーンRさんが参加下さり、4名での開催となりました。

予定しているラインナップはこんな感じ~。うーむ、明らかに普通のゲーム会とは違いますなあ。






●o'kudos
YOKさんが到着するまで軽くやりますかと、取り出された、KEYシリーズゲームで有名なR&D社のフリーゲーム。数独がベース。
ストーンRさん持ち込みです。



各プレイヤーは3x3のカラーグループ9つからなるボード上に、順番に数字タイル(1-9)を置いていきます。このタイルの起き方が数独仕様。

数独仕様とは:
・同じ数字を同一カラーグループに置けない
・同じ数字をたて・よこ一列上に置けない

これさえ守れば、どこに何の数字を置いても構いません。

ボード上に既定値で描かれた数字は、ゲーム終了時にそのカラーグループの得点になります。

各プレイヤーには、ゲーム開始時、自分のカラーグループが秘密裡に配られます。
つまり、自分のカラーグループにタイルが置かれないようにする事が重要です。
とはいえ、序盤戦は、数独ルールといえど置き放題なので、高得点の数字のマスから埋められていく事になり、5の数字あたりをブロックできれば御の字な展開でした。

フリーゲームですが、うまく数独がボードゲームに溶け込んでいる感じで非常に面白い。

あまりに面白かったので、速攻でBGGからダウンロードし、ラミネートして作成しました。

手軽にプレイできますし、何せ無料ですから、是非プレイしてみて下さいー。


●Stockmarket specialist
YOKさんが到着して、4人。
アメリカ証券取引所公認の株式ゲームです。




株を扱ったゲームと言うのは、膨大にありますが、このゲームは証券取引所公認ゲームだけあって、非常にリアルというか、実際の株式投資に即したシステムになっています。

株式投資をやられた事がある方ならおわかりだと思うのですが、通常株を買う時は、買いたい値段に指値を入れるか、成り行き注文を出し、売り注文の最安値で買うかを決めます。

指値の場合は当然、その価格で売りたい人がいなければ株を買う事ができません。

このゲームでは、これが再現されてます。なので、おいそれと株を購入することはできません。

各プレイヤーは特定の銘柄のブローカーとなり、欲しい銘柄の株は、その人に依頼して、売買を執行させます。

自分の銘柄を自分で購入する事もできるため、誰かが売りたいけど買い手がいない場合、自分で引き取る事は可能です。但し、自分で出した注文を自分で引き取る事は株価操縦に繋がるため認められていません。

ゲーム自体は帳簿に記帳していく形式のため、ややプレイアビリティに難がありますが、かなり高度な株式投資ゲームであり、今までの株式ゲームは、何だったのだと、言わしめる程。

今回は初級ルールでプレイしましたが、是非今度は上級ルールでプレイしてみたいと思います。

●Across the Board
競馬がテーマのレガシーゲーム。ミッシーさん持ち込み。






競馬ゲームといえば、ボードにコースが描かれ、馬を走らせて…が相場ですが、そんなものは全くなし!

あるのは紙とエンピツのみで、ふたつのダイスを振り、出た目に合致する馬
にチェックし、一定数チェックできた馬が勝ちというシンプルなルール。

しかし、これが良くできています。

初めに各レースに参加する馬を競りを購入するのですが、2Dで進む馬が決まる事から、6,7,8が本命馬になります。当然、2とか12は穴馬になります。

ただレースによってはハンデ戦があり、初めからチェックが何マスか付いてます。
このあたりは、キャントストップで、どの数字が先にゴールするかに近いです。

ダイスで出た目が気に入らない場合、拒否することができます。但し1マス分は進めなければなりません(拒否しなければ2マス分進められる)。拒否した場合、次に出た目は必ず進めなければなりません。なので拒否した目が再度でてしまうと、結局3マス進む事になったりするのがとっても悩ましい。

各レースでは、単勝のみ馬券が買え、一着の馬主にも賞金が入ります。
最終レースでは、3着までの馬主に賞金が入ります。

最終レースでは、優勝賞金がハンパではなく、芸能人××大会的なノリが、とってもレガシー。最終レースで1-3フィニッシュして単勝も当てた私が勝利!


という事で、今日は秀作揃いのレガシー会でした。参加メンバーが4名と、少なめではありましたが、そのぶん、濃密なゲーム会にする事が出来ました。

例会後は、私の一押しである「矢打そば」に行きました。ここのそば屋に行ってしまうと、もう他のそば屋にいけない位うまいです。徒歩で行きましたが、会場からも思ったほど遠くは無かったですね。

レガシー会はメンバーやゲーム選定等を揃えるのが難しく、不定期開催にならざるを得ません。しかし、厳選したゲームを気の合うメンバーでプレイするというスタイルで継続していきたいと思ってます。

また、メドが立ちましたら、レガシー会を開きたいと思いますので、是非ご参加いただきたいなと思います。








5/21 例会
今日は、11名の参加。

何と、茨城から大魔王が参戦!
ご無事だったようで何よりです。



この写真(上)は、1830の3列車の元となったもの。



今でも現役でがんばっている馬車!
ウィンカー付き!!
まだrevenue$5をもらい続けているとは!!!


大魔王は、相変わらず勢力的にアメリカ参戦しているようです。

この前はTITANの部で、5位入賞だったようです。

また、今年も行くのだとか。皆さん活動的だなあ。

●B&O
大魔王といえば、B&O(今日はPRRの帽子でしたが)ですから、このゲームをやらない訳にはいきません。
大魔王、アリタさん、私の三人。



ライトな18xx。やる事はほとんど同じだけど、線路がキューブになるだけで、すごくシンプルになっている。

列車が廃車にならない点や前のターンの収入を超えないと株価が上がらないルールは、既存の18xxシステムを凌駕しているかも知れません。

今回のセッションでは、prr株が早急に枯れてしまい、資金調達がうまくいきませんでした。

こういう会社回しは、一日の長のある、大魔王と、ナショナリズム作戦で高収益なアリタさんの一騎打ちでしたが、僅差で大魔王勝利。

このゲーム、購入して、到着待ち状態につき、1846と並ぶ短時間18xxとして、今後もプレイしていきたいと思います。

●Strasbourg


hatsuさんを加えて4人。

中世が舞台で、自分の勢力をギルドに送り込んでいくゲーム。

このゲームは、様々なアクションは競り落とした人が行なうのですが、1番手にならなくても、パワーダウンはするものの、何かはできる緩さがあり、それがセリゲーム特有の重さを軽減しています。

とりあえず何かはできる、この感じが良い。そのラウンドに競りで使用するカードを一枚ずつ山から好きなだけ引いていける柔軟性とランダム性がまたよいですね。

実際プレイしてみて、非常にゲームを知っている人の作品だなと思いました。

時間切れで、途中終了となりましたが、とても面白かったです。またプレイしたいゲームです。


その他プレイされていたゲーム。
●1890


根強い人気がありますね。私も一度やっとかないと。

●18Neb

一之江初登場かな。

マップが狭く、短時間系か。


震災の影響で、終了時間を繰り上げてます。参加された皆様にはご面倒をおかけいたしますが、ご容赦下さい。

また、今回も参加費の一部を震災募金に充てさせていただきました。ご協力ありがとうございます。
3/19例会
今日は、大地震の影響もあり、開催するか迷ったのですが、やはり元気な人は自粛だけしてても仕方ないし、大いに楽しむべきだと思いました。

で、今回は会場費の余りを寄付する事にしました。チャリティ例会です。被災に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

快くご協力頂いた参加者の皆さん、ありがとうございます。3,000JPY Yahoo!募金より、寄付させて頂きました。

hanabi


フランス産まれ、協力ゲームの傑作。
メンバーは、mkさん、gさん、まべさん、私。

みんな慎重にプレイし過ぎたせいか、山札が枯れてゲーム終了。17点(だったかな?)。何とかパーフェクトやってみたい。

1846
初心者参加シリーズ。第一回の今回は、まべさん。この企画は継続していきたい。



一番手。MSが無く、ミート単独。
113でGT。株価が高いと、運営は楽ですねえ。最後は$8差で勝利。

ikebana


ここで、けがわさん登場。

花火ともう一つの生け花も、なかなか面白いゲームです。作者のセンスが感じられますね。

今回は、最終ラウンドは大場ルールでやりました。この方が白熱します。絶対採用すべきルール。

カテリーナの陰謀
クニチアのローマゲームの中の一つの推理ゲーム。



5種6枚のカードのなかから、各スート一枚抜いて残りを配り切り、抜いたカードの合計値を当てるゲーム。

各プレイヤーは手番に色か数字を尋ねます。対象は全員か個別か。全員に聞いた時は、何か一枚見せるだけで良いが、個別に聞いた時は、全てを見せなければならない。

これは実に面白い!
いかに効率的に推理するかが悩ましく、推理ゲーム好きにはたまりません。これは自作してもプレイすべきでしょう。

もう一つ、ローマシリーズより、スパルタカスをプレイ。

前にプレイしたカードよりも低い数字しかプレイできず、一番小さいカードをプレイした人がカードを獲得します。ジョーカーは得点が、倍。

こちらも押し引きが悩ましく、なかなか楽しめた。

他の卓は、今回自分の卓に夢中で全くフォローできず。すみません。1880が立ってたみたい。

プレイ中、結構大きな余震がありました。まだまだ関東地域は予断を許されない状況ですが、何とか元気にやっていきたいと思います。

一之江例会
今日は鉄道2卓、非鉄2卓バランスの良い卓分けになりました。

i9n


メンバーが集まるまで軽く。
私は掘削係で参加。いなくても良いけど、いた方が便利。

初参加のアリタさん、phase4,6を制して勝利。

b&o
1830やモノポリーでおなじみのB&O鉄道がタイトルになった、18xxライクなウィンサムのゲームです。
アリタさん、まべさん、ダイビキさん、私の四人。

18xxと同じように、株式ラウンドや運行ラウンドがあり、社長になって線路を引いて株価を上げて資産を高めていくのが目的です。

違うのは線路がキューブになっている位でシステムはほとんどおなじです。

列車の扱いがユニークで、廃車の概念はなく、ずっと持ち続ける事がかのうです。

ただし、旧タイプの列車は維持費がかかり過ぎて、新しい列車を買わないと収益が上がらないようになっています。

強制的に列車を買わせるのではなく、自発的に買わざるを得ない状況にしているのは、秀逸なシステムといえます。

これを後押しするのが、前のターンよりも収益を上げないと、株価が上がらないルール。列車を買うなり高収益都市に繋ぐなりしないと、株価が一向に上がりません。

登場する会社は、b&oの他には、c&o,erie,prr,nynh,bm,nycなど、18xxでおなじみの会社が多数登場します。

私は鉱山に近い、c&oを設立しました。鉱山は列車にかかわらず、安定収入が得られるのが魅力です。

しかし、わたしは鉱山開発に注力し過ぎたため、列車や路線で出遅れてしましました。一方、勝利したアリタさんは、prrで開始し、鉱山もとりつつ、適度にしゃがんで資本を蓄え、シカゴまで接続。バランス経営が光りました。

このゲームは、18xxのシステムを継承しながら複雑な部分を簡略化し、別のゲームとして仕上げています。18xxシリーズのエントリーとしても良いですし、ベテランがプレイするにも問題はありません。是非またプレイしたいですし、欲しいゲームです。


ヌルアーブル
gさん、kさん、まべさん、私の四人。



ヌルアーブルとは、ガチでゲーマーズゲームなルアーブルをのんびりと、ほのぼの卓でプレイしてみようという企画。

いざ、フタを開けてみると、結構ガチな展開だったのですが、フルゲームを堪能しました。

私は無借金経営と食料調達にこだわり過ぎて敗北。もっと攻めても良かったかな。最後は時間切れで、kさんの判定勝ち。

その他プレイされていたゲーム。
18EU
まだまだ人気は健在。


1880
最近の一之江人気ゲーム


1/15例会
 一之江ゲーム会 今月は12名。鉄道2卓、非鉄1卓。

鉄道2卓は共に1880でした。旬ですねぇ。

●Yspahan




すいせいさん、初参加のダイビキさん、私の3名。

このゲームは運の要素と戦略の要素が見事にマッチしていて、プレイ時間も適度であり、生涯ゲームに認定できるゲーム。

キャラバンが強力なので、1つしか置けないルールでプレイしました。
私はそれでもキャラバン作戦を採用。第一ラウンドはひたすらカード集めに専念します。

最低、ラクダとキャラバンが取れればよいなと思っていましたが、行政官もとれたので、とりあえずノルマはクリア。

以降、ひたすら飛ばしまくり。カードをもらいながらラクダが2回補充できたので、なんとか回りました。

最後は2点差で差し切り。うーん、良いゲームだ。


●アグリコラ




続いてはアグリコラ。初めて愛人を引く。しかし、食料が賄えず、全くプレイできないのはダメダメでした。食料を取りまくってでも、速攻で愛人出すべきでしたかー。

ほら吹きと行商人があったので、これも活かしたいしーとか思いながら、1兎も得られない。
結局まともに使ったのは、柵見張り。柵がノーコストでかつノーアクションで立てられるので、木とアクションの節約ができるのはかなり使える。

で、これを出すって事は、厩が欲しいよね。厩出すんだったら、増築したいよねと増築に励むのですが、愛人と相性が悪い!

結局、愛人効果は、増築+柵見張り+動物いっぱい出してからになりました。
あまり愛人を活かしているとは言えませんな。

あと、小さな進歩は、ほら吹き用としてはショボかったんだけど、穀物スコップが使えました。→「小麦を取る」のアクションのたびに、小麦をもう1つ得る。

これは、種を蒔いてパンを焼くのに1アクションで出来るのが素晴らしい。
だから、多分手材料はかなり良かった気がします。

レンガ暖炉と馬肉処理でしのぎつつ、調理場を追加購入。このあたりは、行商人効果で大きな進歩をいっぱい揃えていこうという思惑もありました。

あとは普通に石の家まで改築。このあたりは特殊効果無く実施です。ただ、改築+柵とか、改築+大きな進歩は、活用すべきアクションだというのを改めて体感しました。

結果、最後はなんとか逃げ切ることが出来ました。但し、この手材料なら、もっとうまくプレイできたような気がします。このゲームはやり始めという事もあるのでしょうが、何度プレイしても飽きませんね。

●Infinity
壮大な宇宙の創造をテーマにしたゲーム。





このゲームは、ラミー系のゲームで宇宙が出来て、人類が誕生し・・・といったサイクルがタイルのランクに対応していて、うまくタイルを出し切る事によって、ポイントになります。


1970年代のゲームですが、非常にきれいなボードで、ボードゲーム年間芸術大賞があれば、まず大賞は間違いないのではないでしょうか。


タイルを入れるラックもアクワイアラックとしても活用できそうで、汎用性が高い。
是非、このゲームのスケールを味わってほしいと思います。



●Hex Machine




bone5さん作。骨折ブランドとして有名。
むむむ。ルールちょっと間違えたかなあ。昔プレイした時の切れ味が無い。

今度お会いした時に再確認しておこう。

●1880
中国が舞台の18xxシリーズ。
http://www.boardgamegeek.com/boardgame/69601/1880-china




一部では変態18xx等と言われており、従来の18xxシリーズとは大きく異なるようです。
今までの18xxシリーズと大きく違うのが、鉄道の敷設権があるところでしょう。

会社設立時、社長株に20%株、30%株、40%株があります。
当然40%株の方が社長株購入時の資金が多くなるわけですが、1株当たりの収入が多いので、持ち株制限には有利になります。

但し、40%株の場合、線路を引けるステージが限定されます。つまり緑の時代しか引けないとか、灰色の時代しか引けないなどの制約があるわけです。

一方、20%社長株にはこの制約が緩くなってます。
なので、このメリット/デメリットをうまく組み合わせるのがコツなのでしょうね。

今日は鉄道卓が両方とも1880だったので、当分はこのゲームが流行するのかも知れません。








12/11 例会
 本日の一之江ゲーム会は、16名。1882さんや尼亭を蹴って1882さんに拉致られたABさんが上京という事もあり、なかなか盛況でした。

卓の方も、鉄道2卓、非鉄2卓で、選択肢も増えてきました。

●Energie Poker



まずはEnergie Pokerから。
MKさん、rkusabaさん、まべさん、私の4人。
各プレイヤーが一国の代表となり、その都市に算出されるエネルギーを入札して獲得していくゲーム。

市場の供給量は各プレイヤーが必要な量と同等であり、バッティングする事は必至。

このゲーム結構破産終了が多いんですよねーと説明したところ、私が破産する羽目に・・・。コントローラーで荒稼ぎしたMKさんの圧勝。
2000年にも突入することが出来ませんでした。うぐぐぐ。再戦希望じゃあああ。


●Glory to rome




今日は非鉄2卓が両方とも一時は稼働してました。一之江メンバーで未プレイの人の認知度も上がってきております。

MKさんには華麗にフォーラム勝ちを決められました。こういう展開を想定し、早期カタコンベ勝ちを目指すべきでしたね、まだまだ甘い。


i9n




1882さんの持ち込み。エッセンの新作なんだそうです。

石油の埋蔵している場所を掘り当てる推理系ゲームですが、テーマ的にみっしーさんが欲しがっているのもわかる気がします。

このゲームが凄いのは、ありそうでなかったコンセプトですね。様々な属性(陸地、西側、極部、曇り、etc)6枚のパンチカードの組み合わせで、全てが貫通する箇所が決まるようにできています。

序盤はボードが1枚しかなく、グサグサと貫通しまくるのですが、属性が増える度に、だんだん貫通が難しくなっていきます。

ゲームのほうはMKさんの圧勝。私はゲーム感覚になじめず、なすすべも無く敗北しましたが、このゲームを見出した1882さんのゲームセンスには脱帽です。


●アグリコラ
ようやく一之江でプレイができました。3グリ。むしさん、しむしゅさんと私です。




職業と小さな進歩はカードドラフトにしました。時間がかかるのが難点ですが、これを選択するのはとても楽しい作業ですね。次回のアグリコラ会は是非、カードドラフトにしたいですね。

今回は厩を立てたら、柵がタダでできるという職業をメインにしようと思ったのですが、既に建築済みのものに効果があると勘違いしていて、効果が半減。完全にダメダメでした。やはりカード効果は全て覚えるくらいじゃないとダメですねぇ。

また、ソロプレイをやらないといけないようです。


その他プレイされていたゲーム:
●LONDON
ワレスのゲームですね。どんなゲームだったんでしょうか。カードがメインのようですが。




●1870




●1817




●大勝負
えらい盛り上がってましたよ・・・。株ゲーのようなので気になります。











11/13 例会
 一之江ゲーム会、しむしゅさんがトラブルに見舞われたりと災難があったようで、本日は9名の参加でした。

私は久しぶりに自転車で参戦です。案外と一之江は近いですなあ。

本日はKIさんとN川さんが初参加。N川さんとMKさんは、お知り合いだったようで狭い世界ですね。


●Glory to Rome *2




今日は輸入したGlory To Romeの受け渡しもあり、まずはこれから。

手軽に楽しめますし、このゲームの布教活動のためにも継続してプレイしていきたいと思います。

同じ作者のInnovationの方もプレイしてみたいのですけどね。

KIさんは、このゲームに満足して頂いたようなので、良かったです。インストし甲斐がありました。


●18EU



となりでは18EUが。最近は続編のアルデンヌが良くプレイされていますが、久しぶりですね。ヌルEUなら、またやってみたいゲームです。


●1846 *2

という事で、定番の1846。写真は撮り忘れました・・・。
私は久しぶりにB&Oでパラシュート作戦を敢行。これはこれでアリだな・・・。

N川さんにも、このゲームの魅力がわかっていただいたようで、まずはホッとしました。


という事で、今日は鉄道・非鉄の組み合わせでした。hatsuさんがグリードを持ってきていたのでやりたかったのですが、時間調整がつきませんでした。次回機会があれば、やってみたいと思いますので、是非次回もよろしくお願いしますー。








(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.