レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
DOSBOXでPC版1830
という事で、新たなエントリーを追加してみました。

こちらも、あまり持ちネタはありませんが、ぼちぼちと。

ボードゲームは相手がいないから・・・こういう時はPC用のゲームが良いですね。

今回紹介するゲームは、あの1830。はい、鉄道ゲームの定番でございます。

この1830のPC版が1995年にアバロンヒルから発売されました。

当然、MS-DOS版です。95年といえば、Windows95の発売時期ですが、ゲームはまだまだDOSが主流だったと思います。

アメリカのゲームなので、DOSで動かすにもいろいろとコツがいりました。わざわざusモードで起動したり、フロッピーからブートしたり。

そんな1830もVISTAになると、全く動いてくれなくなったので、DOSエミュレータである、DOSBOXを利用して、1830を久しぶりにプレイしました。

これが起動画面。コンピュータは、最強モードにすると結構強く、対戦相手としては充分です。

1ゲーム1時間位で終わるので、ちょっとした息抜きにも最適です。

こんな1830が8Mbほどのデータで済むのもDOSの魅力です。






5人プレイを選択。1830は5人が一番ですね。最初のプライベート会社のセリは、C&SLなら、そのまま買わせてくれますが、C&AやD&Hは必ずビッドが入ります。

でも、リビッドはしてこないので、たいていがC&Aを$170で買えます。

ハンデのつもりで、子会社無しとか、馬のワンとかもあるかも。





ゲームマップ。1830が見事に再現されています。

$170でC&Aを買えた場合、PRRが2ストックで買えるので、最初のターンに5株買っておくのが良いでしょう。

PRRを設立後は$300程度を抜き、すかさず2社目を立てます。






ゲーム中に4回位現れる、悪名高いマニュアルプロテクト。マニュアルの指定ページの単語を入力しないと先に進みません。

なので、このゲームをプレイするにはマニュアルが必須。

DOSで直接プレイする時は、初めだけで後は聞いてこないんだけど、DOSBoxでプレイする時は必ず聞かれます。


まぁ、当時はこの手のプロテクトは既に減少してきていたのですが、面倒な事、この上ありません。



これがストックラウンド。プレイヤーが設立する時は、絶対、設立するまで株は買わないし、売り切れ上がりはさせないように売ってくるし、トークンは置くしと、基本的なテクニックは身につけています(笑)。

当然、列車の無い会社の株を2株でも持とうものなら、魚雷発射される危険性があります。




もちろん、いくらプレイヤーの会社でも、複数列車を持っている会社には魚雷は撃ちません。この辺りは非常に良く考えられています。

とまあ、こんな感じで、これだけのゲームをPC版にしたアバロンヒルの技術力には脱帽です。惜しむらくは、これを18EUとか1846とかにも移植して欲しいところですね。





















スポンサーサイト
- | 21:59 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atog2.jugem.jp/trackback/10
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.