レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
8/29 袋小路参加
 久しぶりに袋小路に参加してきました。

袋小路のHPを見ていたら、リンクに常連さんのリンクというコーナーがあります。

ほとんど参加できてないのですが、オイラのHPへのリンクが掲載されています。
常連コーナーに名を連ねている以上、これは参加しない訳にはいかんと、今更気付き、取るものもとりあえず、行きました。

会場が変わっていたのですねー、いつの間にか。亀戸に寄る用事があったので、亀戸→錦糸町→大塚とバスを乗り継ぎ、都電で向原に戻って、現地へ。

Senator / Fantasy Flight Games
kitoさんの持ち込み。やった事あるかと聞かれ、過去に一度やった記憶があるんですけど・・・と言ったのですが、2回やってるじゃん。これとかこれとか。



競りゲームなのですが、相手の手を殺しあう非常に疲れる展開で、2点取った人が勝ちというシビアなゲーム。

いまだかつて、こんなに厳しいゲームがあっただろうか。

全く爽快感という概念からは程遠く、万人受けのしない、ゲーマー向けのゲームといえるでしょう。

反面、競りゲーム好きにはたまらないんじゃないでしょうか?
競りゲームのエッセンスがみんな詰まっている作品です。

美少女戦士セーラームーンカードゲーム マスカレイドバトル


Raelさんが大絶賛するのでプレイする事に。

ナポレオンを複雑にしたようなトリックテイキングゲームです。
ナポレオンにキャンセレーションの要素と特殊カードを加えた様なイメージでしょうか。

ゲーマーには良いのでしょうが、このゲームのターゲット考えてる?



どう考えても、こんな複雑なゲームプレイできないでしょう!!

一戦目はオリジナルルール、二戦目は改良ルールで行いました。

オリジナルルールだと、獲得したキャラクターカードのビッドを行うのですが、改良ルールでは、トリック数のビッドを行います。

トリック数のビッドの方がチーム戦の雰囲気が出て、断然面白い。是非、改良ルールでプレイすべきだと思います。

この手のゲームはメチャメチャ苦手なのですが、なんとかセーラー軍でメイク。
副官のRaelさんがほとんどトリックを取ってくれてラッキーでした。

15年位前のゲームらしいのですが、とても面白い。是非またやりたいゲームです。
Raelさんには、常に携帯してもらいたいですねー。

Regatta / Klee
ストーンRさんの持ち込み。
いやー、レガシーゲームが続きますね!
別卓で、枇杷さんが古めかしいゲームを披露していましたし、時代はレガシーか(笑)。



子供向けゲームとかを出していたKleeブランドの作品ですが、オリジナルは3Mのレガッタだったんですね。

毎ターン変わる風の向きを利用しながら、一周するゲームです。
ありがちなゲームなんですけど、これが実に面白い!



まずはスタート地点。このブイの間のところがスタートなのですが、実は、ここに来る前に助走期間みたいなものがあり、2ターンはスタート地点を超えられないのです!!

もし、スタートを超える目が出る場合、出来る限りの移動を行い、この事態を回避しなければなりません(仮に逆走する事になっても!)。



移動は、風の向きとダイスで決まります。風向きは上記写真の例ですと、向かい風方面には、0マス、ななめ方面の向かい風は3マスというように、風向きによって、進める距離が異なります。

ダイスは半分が風向き、半分がターンです。風向きマークが出ている限り、風がくるくる変わるので、一気に変わってしまう事も。数字が出ると、そのターン分(1~3)だけ全員が進まなければなりません。

つまり、小刻みに進みたくても、一気に追う風で大外を回らされたりします。

写真は、私の青艇がゴールした図。途中、ブイの周りを急旋回したのが勝因でした。

この手のゲームとしては、Maritimが面白かったのですが、それを凌いでます。
3M版も、このクオリティがあるのか気になるところですね。こんなに面白いゲームだとは気付きませんでした。さすがはストーンRさんです。

ATLANTIS / Schmidt
脱出ゲーム。これは以前Waddingtosから出ていて、日本版も発売されていましたね。



コンポーネントが凝っていて、非常にギャラリーの注目を浴びるゲームです。
沈みゆく孤島から脱出すべく、船を出すものの、行く手には怪獣とかサメとかがウヨウヨ。
まさに前途多難なサバイバルゲーム。

テーマは良いのだけど、非常に大味で、子供向けゲームの感は否めない。
もう少し改良すれば、もっと面白くなると思うんだけどなー。


とまあ、久しぶりの袋小路、堪能してきました。久しぶりに出張中の骨5さんにもお会いできたし。今日のセーラームーンとレガッタはオススメです。

特に、レガッタはイガッタわ。
お後がよろしいようで。


























スポンサーサイト
- | 22:02 | - | - | - | - |
コメント
from: みっしー   2010/08/30 8:30 PM
レガッタ アヴァロンヒル版持ってます ルールはほぼ同じだと思います スタート前の駆け引きと 後はスピネーカーという帆を旨く利用してスピードアップを図るところが面白いです
 風向きが変わるとスピネーカーは逆にスピードダウンになるので素早く畳まなければなりません
 ヨットレースのゲームもいくつかありますが
海の航行権のルールが慣れないと判りつらい面があり、なかなか一般的になりにくいようです。
from: atog2_435   2010/08/30 11:27 PM
みっしーさん、コメントありがとうございます。
スピネカーですが、風向きが変わっても、常にターボ機能としてプレイしてました。

なので、これを閉じるのは、コーナリングの時位で、基本的にスピネカーは皆、オンにしっぱなしでプレイしてましたが、スピードダウンになりますか!

こりゃ展開変わりますね。

アバロンヒル版は、存在は知っているものの、ほとんど無名な存在だったと思いますが、先入観は行けませんね。





コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atog2.jugem.jp/trackback/26
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.