レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
Black Vienna (1987) / Kosmos
さて、今回紹介するゲームはBlack Vienna。今までマイナーなゲームが続いていましたが、そろそろメジャー系が登場してきますよー。




非常に渋い硬派な感じの箱絵ですが、実際のところ、そのままのイメージ通り、硬派な推理ゲームに仕上がっています。


推理ゲームというと、思い出すのがクルー。隠された3枚のカード(誰が、どこで、何を使って殺したか)を当てるゲームですが、このゲームでもそのシステムは継承されていて、隠された3人の人物カードを当てるのが目的のゲームです。





カードには捜査カードと(アルファベットから成る)人物カードの二種類があります。
ゲーム開始時、人物カードから3枚抜き、残りの人物カードを各プレイヤーに配ります。

各プレイヤーに配られたカードは"シロ"です。例えば、"N","S","K"というカードが隠されている場合、これらのカードは誰も持っていませんから、隠されたカード=犯人という事になります。

この3枚のカードを一番最初に見つけ出した人が勝ちになります。

各プレイヤーは手番に(3つのアルファベットが書かれた)捜査カードを選択し、誰かの前に置きます。これは、その人の手札を捜査するという意味になります。






捜査された人は、その自分の前に置かれたカードのうち、持っている手札分、写真のようにマーカーを置きます。たとえば、"DLS"の上にマーカーが1つあるという事は、"D","L","S"のいずれかを所有していることになります。

もし、DとSを持っていた場合は、2つマーカーを置きます。これは公開情報です。

捜査の情報はどんどん蓄積しています。

写真の場合、"DLS"と"CSX"に1つずつマーカーが乗ってますから、"S"を持っている可能性が高いなと想像できるわけです。

しかし、"AOS"に乗っていない事から、Sは持っていない事がわかります。
これを自分の手札の状況と組み合わせながら推理していくことになります。

このゲームの良いところは、自分の手番で推理しなくても、他人の推理で、情報が溜まっていくことにあります。もちろん、自分で推理するという事は、肝になる質問が出来るわけですから、それだけ有利になる可能性があります。

逆に言うと、自分の手番を活かした捜査をしないと、相手を利する可能性があります。

なので、ゲームに慣れていない人には、ちょっと厳しいゲームかも知れません。
しかし、この手のゲームが好きな人は、とてつもなく魅力に思えるはずです。
私は、ルールを翻訳しただけで、鳥肌が立ちました。

実際、私はこのゲーム、BGGで10点満点を入れています。アクワイヤ級にプレイされてしかるべきだと思うのですが、イマイチ普及してないですね・・・。

たぶん、この鳥肌感を感じてくれる人がいるんじゃないかと祈りつつ、常備菜として用意しておきたいと思います。

まだやったことが無い方、騙されたと思ってプレイしてみて下さい。

スポンサーサイト
- | 22:43 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atog2.jugem.jp/trackback/28
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.