レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
一之江ゲーム会(2010/09/04)
 一之江ゲーム会、今回は12名でした。

初参加の方が1名。今回は非18xx卓が稼働。少しずつではありますが、新しい血を入れていかないといけません。

ファクトリーマネージャー
電力会社の派生ゲーム。



機械と倉庫をバランス良く揃えていき、電力や人件費を抑えながら収益の向上を目指していくゲーム。



非常に面白いゲームなのだが、M川御大と、すいせいさんという超ガチメンバーのため、序盤の優勢も、捲られてしまいました。このあたりの詰めの甘さが課題ですな。

5ターンしかないので気軽にできるという意味では良いと思いますね。

COUP
私のお気に入り、定番レガシーゲーム。
M川さん、すいせいさん、私の3人。


3人なので、4枚までタイルを購入できますが、同じ色をざきゅっと買うのは絞られるし、レインボー過ぎるのも問題。限られた資金の中でどれに乗るのかが悩ましい。

最後は、折角M川さんが、私とトップタイの黄色COUPを発動!、19連続シーケンスという、素晴らしい状態になったにもかかわらず、私の手札が死んでいて、全てM川さんのカラーをCOUPさせるタイルしかなく暴発して終了。M川さん連勝。

Glory to Rome
ここでPHYさんが参加して4人。

最近、PHYさんのイチオシゲームで布教キャンペーン中だそうです。



このゲームは、Race for the Galaxyやサンファンのように、アクションを選択して建築しながらポイントを獲得していくタイプのゲームです。



面白いのが、そのアクションの選択方法。親が行いたいアクションを選択していくのは、他のゲームと同じですが、子は、そのアクションをトリックテイキングのようにフォローできたらそのアクションができるというものです。

凶悪すぎる建築カードがあり、どやねんという気もしますが、トリックテイキングのシステムをアクション選択に応用するというのは斬新で、今後流行るタイプのルールかも知れません。

非常に中毒性のあるゲームで3戦行いました。

その他プレイされていたゲーム:
1830


初心者卓。聞いた話によると、hxxxxさんが初心者に魚雷を発射して破産させたんだとか。18xxの厳しさを教えると共に、もう一ゲームやりましょうという、xatsuさんの配慮がうかがえます。

1870



18Ardennes

ようやく製品化されたアルデンヌ。
久しぶりにやってみたいゲームではありますが、もうついていけないんだろうなあ。




といった感じの一之江ゲーム会でした。レガシーは需給の問題で難しいかなあ。でも、粘り強く出していきたいと思います。あと、同じゲーマーズゲームやるにしても、グリードとかアンティキティとか、アグリコラとかそういった方にも展開していきたいと思いますので、よろしくお願いします。














スポンサーサイト
- | 09:54 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.