レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
10/23 例会
今日は鉄道卓2卓、非鉄卓2卓。
バランスの良い配分になりました。

非鉄卓が複数立てられるとかなり選択肢が広がります。新しい方も非鉄卓であれば入りやすいと思いますので、この流れを継続出来るように頑張って行きたいと思います。

●gateball?
スポーツの秋、ゲームの秋、という事でスポーツゲームのジャンルから、このゲームを選択しました。

特にゲートボールという日本産まれのゲームを扱う独創性が素晴らしいですね。
ただ、これだけのゲームなのに、イマイチ評価されてないっぽいので紹介がてら、出してきました(国産ゲームをほとんど持ってない私が持っているのだから相当です)。

このゲームのルールは基本的にゲートボールに準拠してます。つまり、5人1組で2チーム10名で1〜10版のボールを交互に打ち、3つのゲートを通過し、ゴールに入れて「あがり」を目指すゲームです。






ゲーム盤はこんな感じ。決してアクションゲームではありません(それを期待する人もいると思いますが)。

10個のボールでプレイするため、基本的には2〜10人までプレイできますが、今回は4人プレイ。

いたるさん、つなきさん、nemmyさん、私の4名。

他のボール(敵・味方問わず)にタッチすると、スパークといって、当たった球を弾き飛ばすことが出来る上、更に連続プレイができます。ゲートを通過した時も連続プレイができ、これが同時に発生すると、効果は累積します。

このタッチ&スパークを如何に効果的に行うかが勝負のカギになります。

序盤快調に飛ばす私といたるさんチームに対し、つなきさん・nemmyさんペアは、チョロキックが多く、終盤追い込むも、序盤の失点が大きく、なんとか逃げ切りできました。

単なるスゴロクに思えそうですが、なかなかどうしてかなりの戦略性のあるゲームです。


●Hameln
ハーメルンの縦笛の物語がテーマになっています。

街は大量に発生するネズミで悩まされ、これを退治するためにハーメルンを雇って駆除を頼みます。しかし、村人は、ハーメルンへの報酬を渋ったため、ハーメルンは子供たちをさらって行ってしまう。これがゲーム化されています。





結婚して子供を産み、その子供がまた結婚することで家族を増やし、それがアクションのもとになる・・・。ありそうでなかったゲームシステムが秀逸。

今回私は、高得点の家が多く、家ポイントの差でなんとか捲る事が出来ました。
非常に考えるシビアなゲームなんですけど、1時間程度で終わるので、軽いですし、何せ見た目が良いので、万人に受けるんじゃあないかと思います。


Glory to rome
定番化しつつあるゲーム。既に飽きた人もいるようだけど、まだまだこちらでは浸透度も低い状態です。





今回、むしさんと初参加のイズナさんとプレイしましたが、気にいって頂いたようで、ぜひとも欲しいという事になり、追加発注をかけるほどに。

日本語化すると、インストも楽ですし、敷居が一気に下がります。
日本語化された@komi_komiさん、ありがとうございましたー。


その他例会でプレイされたゲーム
●1870




●1846





●ハンザテウトニカ
なんか、すげー盛り上がってましたな・・・。








スポンサーサイト
- | 12:46 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.