レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
アグリコラ会(12/5)
今日は、久しぶりのゲーム会です。
ここのところ、全然ゲームできてなかったので、かなり渇望感がありました。





今回は4人アグリコラ。今回もカードの偶然性軽減策を入れることに。前回はマリガン-1枚ルールでしたが、今日は11枚引き4枚捨てルール。

禁止カードは、乳母と毒味役です。

私は、職業カードの「他人にランダムで引いてもらう代わりに3食糧もらえる」という、「ふらつき学生」をメインに、出てきた職業によって、戦略を決める事に。

これは他力本願ではありますが、3食料を獲得でき、かつ職業が出せると言うのは、ある程度て材料が良い時には強力だと思いました。

で、次にランダムに引かれたのが八百屋。麦を出したら野菜がもらえるという強力なカードです。その次が、木を植え付ける事が出来る職業。これで畑中心に展開する方針が固まりました。

但し、畑中心と言うのは、当たり前だが辛い。特に畑を耕すのって、なんかイマイチなアクションに見えてしまう。仕方なく選択するような感じで。

ただ、今回は野菜を植えた時、小麦と同様に3つまで収穫できる小さな進歩があったので、野菜を食べると考え方でいけば、序盤から野菜が手に入る優位性を活かし、パンを焼かなくても良い分、野菜に特化すれば、実はとても良いコンボだったのかも知れない。

あと、いつも木が不足気味なので、一時20個近く貯めて、2つまとめて増築したんだけど、これなら無料で厩がもらえる小さな進歩を残しておくべきでした。

どうも、リソースの取得と活用方法がいつもちぐはぐで、このあたりは、もっとプレイして実践で養うしかないようです。






ゲームの方は、終盤に11ラウンド以降、まだ場に出ないイベントを自分だけは選択できるという職業をプレイしたNさんが圧勝。

どうやら、この職業も3枚目の禁止カードになりそうです。

●Enterprise



お次は1987年のレガシー。イタリア人とゲーム交換したゲームです。

このゲーム交換というのは、送料がかかるだけで全然割に合わないのですが、国際交流の一環として、たまに行っております。

STOXと呼ばれる商品を工場で生産し、トラックで輸送し、顧客の所に届ける事で利益を得ます。顧客には2つしか販売枠が無いため、各社の熾烈な販売競争がよくシミュレートできています。

但し、いきなり顧客の所に商品を持って行っても、すぐに買ってもらえるわけではありません。事前に営業活動を行っておく必要があります。

トラックの台数、機械や営業車の手配など、ビジネスゲーム好きにとってはたまらない仕掛けが満載。

ただ、運の要素が強すぎるのが気になりますね。これは学生向けのゲームみたいなので、簡略化しているのでしょう。できれば、もっとシビアなビジネスゲームにして欲しかったですが、シンプルなゲームなので、さくさくと軽くプレイするには良いと思います。














スポンサーサイト
- | 22:06 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atog2.jugem.jp/trackback/51
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.