レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
一之江例会
今日は鉄道2卓、非鉄2卓バランスの良い卓分けになりました。

i9n


メンバーが集まるまで軽く。
私は掘削係で参加。いなくても良いけど、いた方が便利。

初参加のアリタさん、phase4,6を制して勝利。

b&o
1830やモノポリーでおなじみのB&O鉄道がタイトルになった、18xxライクなウィンサムのゲームです。
アリタさん、まべさん、ダイビキさん、私の四人。

18xxと同じように、株式ラウンドや運行ラウンドがあり、社長になって線路を引いて株価を上げて資産を高めていくのが目的です。

違うのは線路がキューブになっている位でシステムはほとんどおなじです。

列車の扱いがユニークで、廃車の概念はなく、ずっと持ち続ける事がかのうです。

ただし、旧タイプの列車は維持費がかかり過ぎて、新しい列車を買わないと収益が上がらないようになっています。

強制的に列車を買わせるのではなく、自発的に買わざるを得ない状況にしているのは、秀逸なシステムといえます。

これを後押しするのが、前のターンよりも収益を上げないと、株価が上がらないルール。列車を買うなり高収益都市に繋ぐなりしないと、株価が一向に上がりません。

登場する会社は、b&oの他には、c&o,erie,prr,nynh,bm,nycなど、18xxでおなじみの会社が多数登場します。

私は鉱山に近い、c&oを設立しました。鉱山は列車にかかわらず、安定収入が得られるのが魅力です。

しかし、わたしは鉱山開発に注力し過ぎたため、列車や路線で出遅れてしましました。一方、勝利したアリタさんは、prrで開始し、鉱山もとりつつ、適度にしゃがんで資本を蓄え、シカゴまで接続。バランス経営が光りました。

このゲームは、18xxのシステムを継承しながら複雑な部分を簡略化し、別のゲームとして仕上げています。18xxシリーズのエントリーとしても良いですし、ベテランがプレイするにも問題はありません。是非またプレイしたいですし、欲しいゲームです。


ヌルアーブル
gさん、kさん、まべさん、私の四人。



ヌルアーブルとは、ガチでゲーマーズゲームなルアーブルをのんびりと、ほのぼの卓でプレイしてみようという企画。

いざ、フタを開けてみると、結構ガチな展開だったのですが、フルゲームを堪能しました。

私は無借金経営と食料調達にこだわり過ぎて敗北。もっと攻めても良かったかな。最後は時間切れで、kさんの判定勝ち。

その他プレイされていたゲーム。
18EU
まだまだ人気は健在。


1880
最近の一之江人気ゲーム


スポンサーサイト
- | 08:34 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atog2.jugem.jp/trackback/62
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.