レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
5/15 まんまる
最近旗揚げされた、まんまるというゲーム会に参加してきました。

参加人数が既に60名という、かなり大規模なゲーム会です。

家族連れも多く、スタッフの気配りもいですし、用意されているゲームも豊富です。

これだけ充実してるなら、私がゲーム持っていく必要はないだろうと考え、手ぶらでの参加です。

●Stone age


いわゆるワーカープレースメント系のゲーム。

いろんな種類のリソースを集め、様々なポイントタイルを集めていきます。

アグリコラのように、人を増やせば、いろんなアクションができるけど、食料がかかるのは同様。

最初はリソースを取るのが良いのかなと思ったのですが、これが敗着。
武器か畑を選ぶべきでした。

畑は毎ターンの食料需給を改善してくれますし、武器はダイス目を調整してくれます。

畑や武器を最初に取り逃したために、基礎力の差がダイスの差になり、一度差がつくと、どーにもならない展開になりました。

もちろん、これは私の初手が大悪手だったからなので、弁解の余地はないのですが、もう少し、展開が何とかならんかなあとは思いました。

ゲームとしては、とても面白かったです。ダイスはたくさん使用しますが、イスファハン同様、これを運ゲーとは言わせたくないですね。

●7Wonder


エッセンで非常に評判が高く、国内でも色んなところでプレイされている人気ゲームですが、私は未プレイだったため、一度やってみたいと思っておりました。

ちょうどメンツを募集していてインストもしてくれるとの事、早速参加しました。

ゲームの流れはドラフト系です。手札から好きなカードを選択してプレイし、残りを隣のプレイヤーに渡す。

カードをプレイヤーするためには、コストが必要なものがあり、このコストはお金だったり資源だったりします。

資源は資源カードをプレイするか、隣のプレイヤーの資源をお金を払って調達するかのいずれかです。

あと悩ましいのが軍事カード。
隣のプレイヤーよりも多くの軍事ポイントがあれば勝利で、ラウンド毎にポイントが入ります。

両隣に勝てば倍の得点が入るため美味しいのですが、手番を多く消費した挙句、軍事の競り合いで負けるのが最悪。

お隣さんのペースに合わせた戦略が必要になります。

2ゲームプレイして、当然の如く、2ゲーム共、ボロ負けでしたが、病みつきになる要素満載です。

非常に手軽いので、何度でもプレイできそうです。これは欲しいゲームだな。

●メルカトル


アグリコラで有名なローゼンベルクの作品。やはり、アグリコラの作者というだけで、期待してしまう。7Wonder同様、やってみたかったゲーム。

私がmixiに参戦表明した時、すぐに反応した月斎さんが、すかさず取り出しました。私好みのゲームを持って行くべく準備してくれてた様ですが、ズバリ当てられました。

どこでつぶやいた訳でもないのに、当てる辺りはさすがはカラオケで一曲目にいきなりかぶった月斎さんですね。

このゲームは様々なリソースを獲得してそれを目的地に運んで契約を達成するという、この前プレイしたレガシーゲームのShipping Empireではないかと思うようなゲームシステムですが、そこは、全然洗練されてます。

とにかくたくさんのリソースがあるのですが結構縛りがきつく、誰がこんなんやるねんと思っていた4:1トレードを連発するし、外国はショボいやろーと思ってたらデンマークばかり行くしと、全く対局観が欠けてました。

長考しまくりで悪いなあと思いつつ、いつものメンバーで甘えてましたね、はい。

このゲームも序盤に大失敗したので、また再戦したいです。


●Pantheon


より多くのモニュメントを建築していくゲーム。

各プレイヤーは手札より移動したり買い物をしたりします。つまり移動カードもお金も全て手札です。

初期戦術としてクーポン系の効果を手に入れておけば、お買い物が楽になるので、それを狙っていたのですが、ことごとく先に買われてしまったので、戦術変更し、買い物は放棄して、移動効果を高める作戦にしました。

敵の駒をスキップしたり、ただで1マス移動出来たりと、カードがなくても移動アクションを選択できるのが助かりました。最後は柱1本差未満の僅差で指し切り勝ち。

Stone Ageと同じ作者の様で、どちらもかなりの良作ですね。今日は全くハズレの無い一日でした。

お付き合いくださった皆様、ありがとうございました!










スポンサーサイト
- | 12:40 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atog2.jugem.jp/trackback/70
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.