レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
ドミニオン会(6/4)
東京近郊の某所で行われたドミニオン会。ドミニオン会とはいうものの、ドミニオンばかりやっている会という訳ではなく、ドミニオン風のカードゲームをプレイしてみる会という風にかなり緩いルールになっている模様。

アセンション



ドミニオンのようにデッキ構築していくタイプのゲームです。
モンスターを倒したりカードを獲得してVPを稼ぎます。

ドミニオンの欠点(?)である、獲得したVPカードが何の機能も無く、使えない不自由さを解消しているのは後発ゲームの強みか。

ドミニオンと異なり、場札が6枚ランダムなので、常に欲しいカードが買えるわけではない。これは、非常に運の要素が強く、評価は分かれるところか。

また、パワー2でデッキ圧縮できるカードが凶悪すぎるので、バランスはもう少し考えた方が良いかも。

場にパーマネントで出しておけるカードがあったりとなかなか工夫しており、悪いゲームではないと思います。


thunderstone


ドミニオンのRPG仕立て。市場で武器やヒーロー魔法などを集めつつ、ヒーローをレベルアップさせていき、モンスターを倒してVPを稼いでいくゲーム。

灯りの概念や、1枚のカードでお金にも戦闘カードにも使用できるようになっているのは工夫点。

個人的には、甲乙つけがたいが、アセンションよりはこちらの方がやや面白かった。
拡張もいろいろあるようですし、何度も楽しめそうなゲームです。


pennywise


チーパスのフリーゲームシリーズのひとつ。

1,3,10,20の4種類のお金のうち、手番に1つプレイするだけ(Darleneルール)。

プレイした種類のお金よりも安い単位のお金が場にあれば、それを全て取る。それを繰り返すだけ。だれかがバーストした時点で、一番お金を持っている人が勝ち。

20を出すと、場を総取りできるだけにタイミングが難しい。バランス良く出さないと、高額紙幣を空手でプレイする羽目になったりで非常に難しい。

ルールを聞いただけで電流が走りましたね。よくこれだけの単純なルールで、こんな心理ゲームが残っていたなんて。チーパス健在なり。

これ、リアルマネーでやったらかなり盛り上がるのでは、10万ペリカとかで(笑)。
まさにカイジの世界。ざわざわ・・・。


7wonder


緑に走りましたが、7枚ぽっちじゃ中途半端で全然得点になってない。これなら青取ってる方がましだった。資源を抑え過ぎて全く回らず。ダメダメ。

1戦しかできなかったので、超フラストレーションたまってます。
1日に3戦位はプレイしないと収まりがつかない感じです。是非またプレイしたいゲーム。
やっぱ名作だわ。

本日は全て面白いゲームでした。また誘ってくださいーー。特にpennywiseは名作でした。










スポンサーサイト
- | 20:39 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atog2.jugem.jp/trackback/73
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.