レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
(9/4)C&O/B&Oをプレイ
ついに念願の、C&O/B&Oをプレイしました。

このゲームは以前から何度となくとりあげておりますが、アバロンヒルから1971年に発売された、レガシーゲームです。

私がまだ学生の頃、東京にゲーム買い出しツアーに出かけた際、書泉ブックマートで見つけましたが、?30,000という高値に驚き、購入を断念。

しかし諦めきれず、翌日行ったらもう無かったという思い出のゲームです。

その後、eBayを始め、インターネットで海外のゲームが容易に購入できる環境が整いましたが、真っ先に購入したのがこのゲームです。



ゲーム内容は、各プレイヤーがB&OかC&Oのいずれかを担当し、自社の列車を時刻表に沿って運行させて行くゲームです。

1ターンは1時間。客車は3マス、貨物列車は2マス進むことが出来ます。

世の中に鉄道ゲームと呼ばれるジャンルはいろいろありますが、その多くは鉄道ゲームの名を借りたレースゲームだったり、経済ゲームだったりします。

しかし、このゲームは鉄道マニアが、ミニチュアを走らせて楽しむがごとく、時刻表に合わせて列車を走らせる、鉄道マニアのための鉄道ゲームの色合いが強いゲームです。


このゲームで得点を得るのは、列車が時刻通りに到着することと、貨物に荷物を積み込む事です。



例えば、写真の左上に積んであるチップが、積み荷です。先に積み込んだ側に得点が入ります。荷物は共通のものと固有のものがあり、共通の荷物は、どちらのプレイヤーが積んでも構いませんが、固有の荷物は、どちらかの会社しか積むことはできません。

この固有の荷物は、積まないと毎ターンマイナス点が計上されてしまいます。

荷物は毎ターン、指示カードにより、どこかに登場しますが、貨物は移動力が遅いので、荷物が出てからでは間に合わない事が多く、ある程度、みなしで発車させなければいけません!

あと重要なのが、渋滞の問題です。写真右部のように、列車が衝突しそうになる場合があります。このゲームでは列車同士が4マス以内にいる場合、手番プレイヤーが相手の列車を自由に動かすことが出来ます。但し、客車は貨物に優先するため、手番が貨物だと、相手に動かされてしまう可能性があります。

BGGでは360分という事で、いったいどれだけ時間がかかるのかが懸念されましたが、だいたい360分で収束しました。

ルールが曖昧な部分が多く、今回はいろいろ「決め」で進めたところがありました。
不明点を整理してルールを改版したいと思ってますが、正直、これだけの鉄道ゲームがどうして注目されなかったのか不思議でなりません。

鉄道ゲームといえば、18xxシリーズが有名ですが、もっとこのゲームにスポットライトを当てても良いのではないでしょうか??

ゲームの方はYOKさんに惜敗しましたが、是非またプレイしたいと思います。素晴らしいゲームでした。














スポンサーサイト
- | 12:27 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atog2.jugem.jp/trackback/78
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.