レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
1/14 第4回例会
今回は、kitoさんが初参加で、アリタさん、●山さん、YOKさん、ぬのかわさん、私の6名です。

Die Heisse Schlacht
メンバーが集まるまで軽く。




シンプルなルールで名作ですなあ。
ほどなくYOKさんが現れ、早々に撤収(笑)。



Last Will
亡くなった叔父さんの遺言で、一番お金をパーッと消費した人が相続権があるという設定のゲーム。ルール聞いただけでは、Go For Breakです。



ゲームは、ワーカープレイスメントです。お金を散在した方が良いので、
コンパニオンをはべらして豪遊とか、不動産相場が高い特に購入し、補修をせずに経年劣化させ、相場が暴落しているときに売るのが基本です(笑)。

普段、お金が無くて、「かねがね金がねぇ」とか言ってるのに、いざ使い切るって難しいものですなあ。

なかなか面白い。

ロンデルシステム3部作のうちの一つ。

領土獲得系のゲームですが、自分の国という概念はあまりありません。
どちらかというと、18xx系に近いです。国を会社と置き換えれば良い。

なので、自分の国はボロボロでも、成長する国の株を買えば良いので、それほどシビアになる必要はありません。この緩さが領土獲得系の苦手な私でもプレイしやすかったです。

このゲームでは株を買えるタイミングが少ないのですが、どこの国も保有していないと毎回株を購入する事ができます。

今回YOKさんにイタリア社長を奪われたので、しばらく会社無し状態を続けていたのですが、これだけで勝てる程、甘いメンツではありません。配当収入が絞られてきたので、税収によるボーナスを奪う意味でも、社長奪還しておくべきでしたが、居心地の良さになれきってしまい、決断できませんでした。残念!

でも、これは面白いです。


Trans Europa

Trans xxシリーズ。
短時間で線路引きゲームが楽しめるなんて、何て素敵。
今回お邪魔線路オプションを入れましたが、これは必須アイテムですね。


という事で、今回も楽しい一日を過ごす事ができました。
また、次回よろしくお願いします。


スポンサーサイト
- | 10:39 | - | - | - | - |
コメント
from: ●山   2012/02/01 4:38 PM
おろ?アリタさん忘れてません?

6人でしたよー
from: atog   2012/02/02 1:24 AM
おおっと!
これは失礼。
修正しましたー。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atog2.jugem.jp/trackback/92
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.