レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
3/14 第6回例会
今日は、phyさん、yokさん、ぬのかわさん、akiszさん、たかはしさん、アリタさん、私の7名です。

●discretion
これは、私がずっーと探していたゲーム。doolittle & waiteを購入した頃ですから、20年位前になります。

このゲームを知ったのは、松田道弘さんの遊びの世界の味覚地図です。
この中で、玄人受けするゲームとしてDiscretionが紹介されていました。
(玄人受けしていると書かれている割に、国内でプレイしているという情報を聞いた事がありません。)

eBayでも、過去に一度出品された事がありますが、競り負けました。

ですが、ようやく入手できました。私とYOKさん、ぬのかわさんの3人。



このゲームでは、競りで土地を購入し、その中にビルを建てて行きます。ビルは5種類あります。ゲームの流れは、イベントカードを引いていくだけ(笑)。

この中にEND OF YEARカードというのが1枚だけあり、これが出ると1年終了。10年経ったらゲーム終了です。

このシステムにはパテントを取っているんだとか。

基本的なイベントは家賃収入です。周りに別のタイプの建物が立っている数が多いほど収益が上がります。隣接が1種類なら$100000、以降$200000,$300000,$500000です。例えば、写真の左下にOFFICE(青)がありますが、4種類の建物に隣接しています。これがMAXで$500,000入ります。

悪いイベントもあって、税金。土地の区画ごとに支払いがあります。

1年はいつ終わるかわからないので、展開によっては、支払いだけで1年が終わりという事も・・・。

その他、都市化とか高速道路建設とか、強制立ち退きが発生したりして、自分の土地がいきなり更地になる事も(一応補償はあります)。

今回は、土地税が飛躍的に上がる事にビビって、建設を控えめにしてた私に対し、バリバリ建設して税金を恐れなかったアリタさんが圧勝しました。

それにしても、単純なルールながら、よくこれだけシンプルなゲームにまとめ上げたものです。時間は結構かかりますが、イヤーカード効果で毎回異なる展開が発生するので、いろんなゲームが楽しめそうです。

また、これはプレイしてみたいですねー。

●SYMBIOZ
B級SF臭が漂うゲーム。akiszさん、phyさん、ぬのかわさん、私の4人。


前回プレイ時のレビューはこちら

このゲームはあっさりと終わる時と、最後までプレイする時で二極化しますね。
今回はあっさり終わりました。

相手をもっと叩かないとすぐに終わってしまいますって言っておくべきだったか。
もちろんそうすると長時間ゲームと化すだけなのだが(笑)。


●Santiago de Cuba

PHYさんの持ち込み。メンバーは同じ。



各地を回って、商品を仕入れたり交換しながら、船で出荷してポイントを得るゲーム。

各地の周遊は、ロンデルシステムになっており、悩ましくて面白いのですが、派手さが無く、ちょっと地味。

現代のゲームにしては、斬新さに欠けるかな??
でも、面白いゲームです。

●23
同じメンバーで〆に軽く。



各自手番にカードをプレイしていくゲーム。出せるのは場の数字と同じか+1まで。
それ以上出すには、マイナスを喰らうか1発喰らってパスするか。

緑チップを払えば、場の数字を-5~+5できるので、一気に他人に大量失点を喰らわす事も。

こつがつかめず、かなり失点を喰らう。パスという選択肢をもっと活用すべきでした。
勝ったのはぬのかわさん。うーん、かなり嫌らしい系のゲームですね。


その他プレイされていたゲーム。

●Urban Sprawl


●祈り、働け


という事で、ご参加くださった皆様、ありがとうございました。



















スポンサーサイト
- | 12:28 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atog2.jugem.jp/trackback/96
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.