レガシーワールド

私の保有するゲームの中から、レガシーなゲームやレアなボードゲームを中心に紹介するページです。

ここで紹介したゲーム会の開催も順次行っていきたいと思います。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
atog2_435の本棚
Twitter
RSS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
4/14 第7回例会
 4/14 第7回例会

今日は、yokさん、ぬのかわさん、akiszさん、アリタさん、●山さん、きりさん、私の7名です。

●ロスト・テンプル
あやつり人形に似てるなあと思ったら、あやつり人形のボードゲーム版だったのですね。
まあ、あやつり人形自体一度しかプレイしてなくて、役割選択型ゲームという位しか覚えてないのですが。



基本的にはスゴロク系のゲームで、ゴールに先に到達した人が勝ち。
但し、順番入れ替える事が出来たり、進むための宝石を奪う等の凶悪な職業は先に奪われがち。

順番が遅い人から順番に職業を選んでいくので、凶悪な職業を選択できるのはトップ目を抑える意味でも良いシステム。

但し、トップの人と入れ替わりたくても、トップがどの職業を選択しているのかが読めないのが悩ましい。

最後はトップを走るぬのかわさんを止めるべく、アリタさんが場所入れ替えの職業を選択しましたが、アリタさんはぬのかわさんと同じ場所にいるため、意味無し(笑)。痛恨の選択ミスでした。

はじめはなかなか感覚がつかめませんでしたが、単純なテーマながら意外に(?)面白かった。
素材が良いゲームは舞台を変えても面白いという事なのでしょうか。またプレイできそうですね。

●ZeitReise(ドイツ史旅行)
このゲームの元ネタはcloak & dagger。たまたまBGGのマーケットプレイスで欲しいゲームがあり、その人の他の作品を見てたらこれがあり、それがcloak & daggerのリメイクとあれば、買わない手はありません。


しかし、ドイツゲームで英訳が無いため、ずっと放置しておりましたが、ありました・・・おのさん訳が。

という事で、ようやく日の目を見る事が出来ました。

基本的にはcloak & daggerと同じですが、コンポーネントはかなり豪華になっています。
また、オリジナルでは、空の封筒に秘密文書を注入していくようになっておりましたが、こちらは元から3枚ずつ入ってます。小箱を開けた時のがっかり感が少ないのは良いですね。

どちらの方が良いかは評価の分かれるところかと思いますが、こちらの方がやや難易度は高いでしょう。何せこちらではメモ出来るルールになっておりません。初心者には辛いゲームかも。ただ、記憶力がこのゲームのポイントでは無いので、メモはあっても良い気がします。

あとはゲルマーニアの存在。小箱空けた時にこいつがいると、3回休みになります。
タイムトラベル中はゲルマーニア効果は受けないようなので、着陸したところにゲルマーニアがあると、もうそこは誰も選択しない場所になります。実際、複数のタイムマシンがここに眠る羽目になりました。

3回休みを喰らってまで、ここを開けに行くのは、あまりにも辛すぎます。
せめて、2回休みで良いような気がしました。

ともあれ、充分に機能してましたので、これは是非とも再戦したいところです。
次回プレイする時は、
・メモあり
・ゲルマーニアは2回休み(1回目はツモって公開、2回目は箱に入れておしまい)

でやってみたいと思います。

●History of the Rail
多人数の時に手軽にプレイできるゲームという意味では人気のゲームです。



18xxとヒストリーオブザワールドを足したようなゲームですが、ヒストリー色の方が強い。
同人ながら、このゲームの完成度はかなり高いです。

私は序盤京成を担当したのですが、以後回ってくるのは京成ばかり!
他の株を買いたくても買えない状況。

京成で独り立ちするのはどうかと思って、株をセーブしたのが敗因で、どうせなら京成だけに突っ込んで様子を見ておくべきでしたが、セーブしすぎて株を余して負けるという最悪な展開でした。


●Infarkt(心臓発作)
私はようやく初プレイ。●山さんが、いつも隣の卓でプレイしているのは見ていたものの、タイミングが合わずプレイできませんでした。

現代人の生活は鬱や糖尿病、高血圧、心臓発作、肺がんetc様々な病気やストレスを抱えながら過ごしております。

このゲームはこれら旨く抑制しながら、長生きする事を目的としたゲームです。


昔、PC-8001のパソコンゲームでCamelというのがあり、いろんなアクションを行っていかにして長生きするかというものがありました。

これをうまくボードゲーム化したような感じです。いやー、このテーマではもやもやっと考えていたのですが、私のゲームデザインセンスの無さを悔やみます。

●山さんが、何度もプレイするのがわかる気がしますね。●さんらしいセレクションです。
初心者でも楽しめる大人のゲームですね。


他の卓でプレイされていたゲーム(今回も2卓でした)。
●Lords of Waterdeep


タイトルや箱から判断すると、どうみてもPRGですが、ケイラスっぽいゲームなんだとか。どうだったんでしょうねえ。


という事で、今回もなんとか2卓立てる事が出来ました。
参加下さった皆様、ありがとうございます。






3/14 第6回例会
今日は、phyさん、yokさん、ぬのかわさん、akiszさん、たかはしさん、アリタさん、私の7名です。

●discretion
これは、私がずっーと探していたゲーム。doolittle & waiteを購入した頃ですから、20年位前になります。

このゲームを知ったのは、松田道弘さんの遊びの世界の味覚地図です。
この中で、玄人受けするゲームとしてDiscretionが紹介されていました。
(玄人受けしていると書かれている割に、国内でプレイしているという情報を聞いた事がありません。)

eBayでも、過去に一度出品された事がありますが、競り負けました。

ですが、ようやく入手できました。私とYOKさん、ぬのかわさんの3人。



このゲームでは、競りで土地を購入し、その中にビルを建てて行きます。ビルは5種類あります。ゲームの流れは、イベントカードを引いていくだけ(笑)。

この中にEND OF YEARカードというのが1枚だけあり、これが出ると1年終了。10年経ったらゲーム終了です。

このシステムにはパテントを取っているんだとか。

基本的なイベントは家賃収入です。周りに別のタイプの建物が立っている数が多いほど収益が上がります。隣接が1種類なら$100000、以降$200000,$300000,$500000です。例えば、写真の左下にOFFICE(青)がありますが、4種類の建物に隣接しています。これがMAXで$500,000入ります。

悪いイベントもあって、税金。土地の区画ごとに支払いがあります。

1年はいつ終わるかわからないので、展開によっては、支払いだけで1年が終わりという事も・・・。

その他、都市化とか高速道路建設とか、強制立ち退きが発生したりして、自分の土地がいきなり更地になる事も(一応補償はあります)。

今回は、土地税が飛躍的に上がる事にビビって、建設を控えめにしてた私に対し、バリバリ建設して税金を恐れなかったアリタさんが圧勝しました。

それにしても、単純なルールながら、よくこれだけシンプルなゲームにまとめ上げたものです。時間は結構かかりますが、イヤーカード効果で毎回異なる展開が発生するので、いろんなゲームが楽しめそうです。

また、これはプレイしてみたいですねー。

●SYMBIOZ
B級SF臭が漂うゲーム。akiszさん、phyさん、ぬのかわさん、私の4人。


前回プレイ時のレビューはこちら

このゲームはあっさりと終わる時と、最後までプレイする時で二極化しますね。
今回はあっさり終わりました。

相手をもっと叩かないとすぐに終わってしまいますって言っておくべきだったか。
もちろんそうすると長時間ゲームと化すだけなのだが(笑)。


●Santiago de Cuba

PHYさんの持ち込み。メンバーは同じ。



各地を回って、商品を仕入れたり交換しながら、船で出荷してポイントを得るゲーム。

各地の周遊は、ロンデルシステムになっており、悩ましくて面白いのですが、派手さが無く、ちょっと地味。

現代のゲームにしては、斬新さに欠けるかな??
でも、面白いゲームです。

●23
同じメンバーで〆に軽く。



各自手番にカードをプレイしていくゲーム。出せるのは場の数字と同じか+1まで。
それ以上出すには、マイナスを喰らうか1発喰らってパスするか。

緑チップを払えば、場の数字を-5~+5できるので、一気に他人に大量失点を喰らわす事も。

こつがつかめず、かなり失点を喰らう。パスという選択肢をもっと活用すべきでした。
勝ったのはぬのかわさん。うーん、かなり嫌らしい系のゲームですね。


その他プレイされていたゲーム。

●Urban Sprawl


●祈り、働け


という事で、ご参加くださった皆様、ありがとうございました。



















Discretion
 以前から欲しかったゲーム。ようやく入手できました。



このゲームは、松田道弘さんの本で紹介され、どうしても欲しかったのですが、入手難のゲームでして、探してから20年越しで購入できました。

不動産を購入して、こからの賃料で収益を得て行くゲームですが、高収入を得るには、周りに別のタイプのビルを建てなければなりません。

いかに違う種類の建物を隣接するところに建てて行くかがポイントです。

資金がかなりカツカツなので借金する事になるのですが、サラ金のお世話になる可能性が出てきます。実際、一度サラ金に手を出すと、破産への道一直線になりそうです(笑)。

ルールにも、全員破産した場合は手番が一番遅い人が勝ちってわざわざ書いてあるところがなんとも・・・。

テスト的にプレイしてみましたが、ビビビっと来ました。これはかなりいけそうです。








2/25 第5回例会
みなとゲームクラブも第5回目にして、ようやく2卓が稼働しました。
今回は、7名の方に参加頂きました。

常時2卓稼働できると、プレイできるゲームの幅も広がりますので、なんとかこれを維持できればと思います。

●PAX
メンバーが集まるまで、軽く。
HAL99さん、きりさん、●山さん、私の4名。


私とHAL99さんがレインボー作戦だったため、ローマ軍に勝てず。
HALさんの逃げ切りを許すまじと、山に赤カードを仕込み、ライバルと競わせる作戦にでるも、あっさりきりさんに買われ、山札枯れでジエンド。きりさん勝利。
策士策に溺れるの巻でござる。

●水のオランダ
前から欲しかったゲームでしたが入手できたため、ようやくプレイが適いました。
HAL99さん、PHYさん、私の3名。


単なる芸術ゲームでは無かった!
前半が陣取りで後半がレースゲームと2種類が楽しめます。
いろんな要素が入ってますが、類似ゲームも無く、かなりの才能を感じます。

インスト90分、プレイ4時間!
これだけで一日終わってしまいました。

時間はかかりましたが、重さは感じずリプレイ激しく希望。

●ダンジョンペッツ
となりの卓でプレイされていたゲーム。
最近話題ですね。



アフターはいつもの中華屋へ。2周年記念のため半額セール中でした。
という事で、次回もまたよろしくお願いいたします。













1/14 第4回例会
今回は、kitoさんが初参加で、アリタさん、●山さん、YOKさん、ぬのかわさん、私の6名です。

Die Heisse Schlacht
メンバーが集まるまで軽く。




シンプルなルールで名作ですなあ。
ほどなくYOKさんが現れ、早々に撤収(笑)。



Last Will
亡くなった叔父さんの遺言で、一番お金をパーッと消費した人が相続権があるという設定のゲーム。ルール聞いただけでは、Go For Breakです。



ゲームは、ワーカープレイスメントです。お金を散在した方が良いので、
コンパニオンをはべらして豪遊とか、不動産相場が高い特に購入し、補修をせずに経年劣化させ、相場が暴落しているときに売るのが基本です(笑)。

普段、お金が無くて、「かねがね金がねぇ」とか言ってるのに、いざ使い切るって難しいものですなあ。

なかなか面白い。

ロンデルシステム3部作のうちの一つ。

領土獲得系のゲームですが、自分の国という概念はあまりありません。
どちらかというと、18xx系に近いです。国を会社と置き換えれば良い。

なので、自分の国はボロボロでも、成長する国の株を買えば良いので、それほどシビアになる必要はありません。この緩さが領土獲得系の苦手な私でもプレイしやすかったです。

このゲームでは株を買えるタイミングが少ないのですが、どこの国も保有していないと毎回株を購入する事ができます。

今回YOKさんにイタリア社長を奪われたので、しばらく会社無し状態を続けていたのですが、これだけで勝てる程、甘いメンツではありません。配当収入が絞られてきたので、税収によるボーナスを奪う意味でも、社長奪還しておくべきでしたが、居心地の良さになれきってしまい、決断できませんでした。残念!

でも、これは面白いです。


Trans Europa

Trans xxシリーズ。
短時間で線路引きゲームが楽しめるなんて、何て素敵。
今回お邪魔線路オプションを入れましたが、これは必須アイテムですね。


という事で、今回も楽しい一日を過ごす事ができました。
また、次回よろしくお願いします。


01/08 アグリコラ会
 久しぶりのアグリコラ会です。

今回はたまさんが欠席のため、新規メンバーに●山さんを迎えての例会になりました。

いつものマリガンルールですが、今回は職業で3回、小さな進歩で2回マリガン実施しました。
都合5回もマリガンしたのは、これが初めてです。
結論から言うと、結局、何もしなかったら良かったんじゃ無い?? って感じでした(笑)。

職業で3回実施した結果は、露天商の女、レンガ職人、ぶらつき、羊飼い親方でした。
さすがにこれで文句を言ったら、もう職業はZEROプレイですね。

小さな進歩は小麦車(小麦1をとると小麦2を得る)と運び馬(木3を取るか木4以上を取るとき食料を払うと、木材1/2を得る)が主張です。

ただ、小麦車と露天商の女は効果が被っているので、それほど有効じゃなかったかも知れないが、食料は農業系で、なんとかなるんじゃないかと思いました。


構想としては、職業をさっさと出して、小麦車を出して、小麦取って、食料を充実させて・・・。というものでしたが、いかにもバワー不足。

仮に農業系で行くにしても、パン焼きや畑をサポートするものが全然無いのでマリガンした以上の効果はなかったですな。

運び馬は想像以上に使えた。レンガ職人も良かった。このようなリソース確保系の評価はもう少し高めにしても良いかも知れない。

しかし、職業が4枚しかないのに、(しかも2枚目で)ぶらつくヤツはいないよな(笑)。
結果は3位47点でしたが、まあ、私にしては珍しくマイナス点が無かったので、こういう基礎力を上げていきたいと思います。

勝ったのは●山さん。学者が猛威をふるいました。

このカードが私に来ても使いこなせる自信が無いので、こういうキーカードをうまく活用できるようにならないといけませんね。

この後は、軽くPAXをプレイしてからいつものかぼすへ。

PAXは、類似ゲームが無いので説明が難しい新感覚のカードゲーム。なかなか面白い。また再戦したいゲームですね。




水のオランダ
 先日、オランダから購入した、水のオランダ(H2Olland)です。

箱はこんな感じ。



ずっと探していて、ようやく入手できました。

BGGなんかで、こんな写真見た日にゃ、「くわーーーーっ、買うしかねえっ」て気にもなりますぜ旦那。

でまあ、この会社はとっくに倒産してしまったようですが、当時から何度も問い合わせしていたのですが、完全に無視されていて日本への発送はやってくれませんでした。

中古だと思っていたのですが、新品だったので、なんかあけるのがもったいないと思っていたくらいです。

ルールはネットで公開されているので、DLしてテストプレイ。



コンポーネントだけでなく、ゲーム内容もかなりそそられる感じでした。
ただし、労働者に関するところがいまいちよくわからないので現在問い合わせ中。

まぁ、決めでやってもよいのかなとは思うのですけども。

次回のみなとでプレイできれば・・・。










12/10 第3回例会
今日は高円寺のゲーム会とバッティングしてしまったため、こじんまりと開催しました。

まあ、どんなに頑張っても8名位しか入れない会場なのですが。

●bios megafauna
1ターンが1千万年という、壮大なスケールで恐竜時代からの生存競争がテーマのゲーム。



前回プレイ時、ルールに誤りがあり協議終了となったのでそのリベンジです。

今回もルール解釈でいろいろと問題が。

まずは、海エリアの扱い。
MMのエリアがたくさんあるものの、ここにはほとんど入れない。つまり、陸地でMM属性をつけると、その瞬間に絶滅してしまう。

まず、M単独で、海に入った上でM属性を足して行かないと行けないのが困難過ぎ。しかもそこからの移動が、周りが陸地ならほとんど出来ないし。

ルールが間違ってるのだろうか????

後は絶滅したタイプの復活について。
今回のルールでは、遺伝子カードが張り付いたままなので、手が狭すぎて仕方なかった。

潜在的はものはとても良いのだけど、ルール的に洗練されてない気がしました。

多分、再リベンジがあるのでしょう。

●シガラミ
カワサキファクトリーの作品。
この前のゲームマーケットで購入。


VPを獲得するためには、特集能力を捨てなければならないルールが面白い。

ただ、三人プレイのため、バッティング度合いが少なく、弁護士が全く活用されなかったです。三人用に、土地の数を減らすとかの工夫が必要な気がしました。

今度は四人でプレイしたいです。


最後は中華でシメ。忘年会。


それほど飲んでないのに、フラフラになりました。弱くなったなあ、俺。

エビマヨがうまかったです。

では、来年もよろしくーー。

















































(11/27)GM参加
ゲームマーケット2011秋に参加してきました。

私はあまり日本でゲームは買わないのですが、今回はいろいろと気になる作品が出ていましたので、私にしては、今までで一番の購入でした。

●History of the rails

18xxとHistory of the worldを足したようなゲーム。
まあ、タイトルからも想像はつくのですが(笑)。


18xxシリーズにありがちな、社長をめぐる攻防やどの会社を持つかという意思決定がHistoryのシステムで決まるところが素晴らしい。

これにより、オリジナルの18xxテイストとHistoryのシステムを楽しみつつ、ライトな鉄道ゲームに仕上がっています。

今までありそうでなかったゲーム、これはオススメです。

●Trick of The Rails
OKAZU brandのゲーム。18xxをモチーフにしたトリックテイキングと言われると、買わないわけにはいかない。


各ラウンドのトリック勝者が、線路拡張や都市タイル敷設を行い、各会社の価値を高めていきます。但し、良い列車を持てるとは限りません。そう、良い列車を持つためにはトリックに勝たなければなりません。

しかし、強いカードがあれば良いかというとそうでもなく、勝たされる場合もあり、適度にしゃがまなければなりません。

私は、かなり手材料が良かったので、どこかに主張を決めて、それにまい進すべきでしたが、全て中途半端に進めたため、勝たされる最悪の展開でした。相変わらずの対局観の悪さです。

フリンケピンケのような要素もあり、とても面白い!
よく、こんなシステムを考えたものです。

とりあえずの1ゲーム目とかにプレイしてみたいゲームです。


●Vorpals

これは、HAL99さん購入のゲームをプレイさせてもらいました。


7WONDERのドラフトシステムを取り入れたゲーム。
ドラフトで入手したカードを場に出し、その特殊能力でリソースやお金を入手して、建物を建てたり、兵力で他人の攻撃を行います。

7WONDERにかなり類似してますが、衰退(だったかな?)機能により、凶悪なカードが場に居続けられないシステムが秀逸。これは購入する価値のあるゲームです。買えば良かったなあ。


あとは、カワサキファクトリーのシガラミを購入しました。
結構早く売り切れていたようなので早目に行って良かったです。

という事で、今回のGMを総括すると、同人ゲームとはいえ、そのレベルの高さに脱帽しました。もう、国産ゲームはショボいとかは言えない状況で、認識を改めないといけないようです。

ですので、来年はもう少し気合を入れて臨みたいと思います。




















11/12 第2回例会
 
第2回例会は5名の参加。

●山さん、YOKさん、ぬのかわさん、アリタさん、私の5名。

懸案のテーブルの中央の空間は、POMPEII][ボード程度で埋まる事が判明。
なので、2卓は問題無しです。


協力系ダンジョン探索冒険ゲーム。

ゲームの勝利条件はダンジョンで、生き残った人の中から、一番宝を集める事なのですが、一番ダメージを喰らった人は、脱落してしまいます。TBSの特番クイズ番組みたいなものですね。

なので、宝を集めるだけじゃあ無いところがミソ。

また、冒険の途中には、さまざまなトラップが仕掛けられておりますが、一番富める人や一番傷の浅い人だけが喰らうという勝ち逃げ防止システムが憎い。

しかも、これを行うためには、誰かがハイカードをプレイしないといけないので、誰が仕事をするんやーといった駆け引きがまた楽しい。

今回は、アリタさんとぬのかわさんが脱落し、私と●山さんがトップタイという白熱した展開でした。

これは短時間で楽しめる傑作ゲームといえるでしょう。




ダイスを使用したワーカープレイスメント。エイリアンフロンティアとかでおなじみのシステム(なのか?)。

BGGランクも高く気になっていたので、●山さんにお願いして持ってきてもらいました。

各自、配られた共通の得点カードや職業・軍事活動から得るVPを多く集めるのが目的。

他人のダイスもお金を払えば使用できるので、何も自分で振る必要はありません。
はじめはこの感覚に馴染めず、多くダイスを振る事ばかり考えてしまい、結果、維持費がかさみ資金不足で立ち遅れてしまいました。

特に軍事ダイスばっかりだったのが敗因ですね。

やってみて、人気が高い理由はわかりました。やや重いゲームですが、これは再戦してみたいゲームです。



エリアマジョリティ系リソース系ワーカープレースメント系のゲーマーズゲーム(笑)。

さあ、みんな買おう(笑)。

様々な建物を建設し、マーカーをボード上に配置する。各地区毎にマーカーが多い人がポイントを得る。建物を建てるためには資源が必要で、資源を得るためにはワーカーを配置しなければならない。

ワーカーははじめは少ないので、増やさなければならないが、増やすためにはワーカーを配置した上で資金が必要。資金を得るためにはワーカーが必要。

ワーカーを増やすにも増やせるマスには上限があるので、手番が重要。でもその手番を得るためにはワーカーが・・・。

といった感じでジレンマたっぷりのゲームです。

ルールをインストしてもらっただけで、これは面白いと思いました。
日本語訳もBGGに公開されてますし、まだやった事が無い方は是非プレイしましょう。

このゲームは購入する価値ありです。今すぐぽちっとしましょう。
間違いありません。


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.